フィットとN-BOX、比較で見えるホンダの迷い

N-BOXオーナーが新型フィットで感じたこと

「N-BOX」オーナーの筆者が参加した新型「フィット」の試乗会(筆者撮影)

国内累積販売台数269万台(2020年1月時点)を誇り、いまだ180万台が保有されているという「フィット」は、2020年2月14日にフルモデルチェンジを実施し、第4世代となった。初期受注は、月販予定1万台に対して2万4000台を達成。そのうち7割が、新搭載の2モーター式ハイブリッド「e:HEV」搭載モデルだという。価格は1.3リッターガソリンエンジンが155万7600円~、e:HEVが199万7600円~だ。

対する「N-BOX」は、軽自動車として2015年から5年連続、登録車を含めた総合ランキングでも2017年から3年連続の販売台数No.1を誇る。今、日本で最もたくさん売れているクルマだ。価格は「G (ホンダセンシング非装着仕様)」の133万9800円~。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

筆者は2019年3月末、N-BOXの新車を購入している。そんなN-BOXユーザーの目線で、新型フィットを見た場合、どう感じるのか。また、ホンダにとって国内販売の要である2車について、メーカーはどう考えているのか。

それを確かめるため、ホンダが2月下旬に千葉県内で開催した新型フィットの報道陣向け試乗会に参加した。ところが……。

メーカーが考える「車格」とユーザーの購入動機は違う

試乗会でフィットの開発関係者に「N-BOXとは(商品の方向性が)まったく違う」とあっさり言われてしまった。

たしかに、コンパクトカーと軽ハイトワゴンを同じテーブルの上で比較することは、エンジニアにとって意味がないことかもしれない。決して、比較すること自体を否定しているのではないが「車格では当然、フィットが上だ」という作り手の思いが優先していた。

一方、ユーザー目線では、フィットとN-BOXは、同格になりうるクルマだ。

筆者が所有する「N-BOX G EX ホンダセンシング」。ハンドル式車いす「モンパルML100」を搭載(筆者撮影)

価格、維持費、そして「日常的な使い勝手」という観点から“手が届く新車”としてどちらを買おうかと迷うのは、当然だと言える。選ぶグレードによっては、価格帯でも同格となる。

そうした、N-BOXユーザー目線で、改めてフィットとN-BOXの違いを考えてみたい。

次ページ「心地よさ」vs.「驚き」
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT