ホンダ「N-BOX」、買ってわかった売れる理由

9カ月乗って実感する「意外なよさ」とは?

2代目ホンダ「N-BOX」は2017年に発売された(写真:ホンダ)

2019年3月末、ホンダ「N-BOX」の新車を買った。グレードは「G EX ホンダセンシング」で、色はプラチナホワイトパール。購入した主な理由は、商用だ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

筆者は、福井県永平寺町エボリューション大使として、モビリティー関連の各種政策に携わっており、同町内に住居を借りて定期的に通っている。その活動の中で、ハンドル形電動車いすの普及に関する協議があり、当初は本田技術研究所の協力で「モンパルML200」という電動カートを3カ月間、貸与していただいた。

その後、永平寺町に隣接する勝山市内のホンダパワープロダクツ販売店で、筆者個人で中古の「モンパルML100」を購入。永平寺町での自主的実証を行い、社会受容性に関するデータ収集を進めている。

あえてNAエンジンを選んだワケ

こうした中で、永平寺町における商用車購入を検討した結果、モンパルを搭載できることが必然であるうえで、「どうしてN-BOXは売れ続けているのか?」を生活の中で検証したいという個人的な思いがあり、N-BOXの購入を決めた。

当初は、モンパル搭載が容易なことでスロープ仕様、北陸の冬季の天候を考慮して4WD、そうなると車重が増えるからターボ車を考えていた。

永平町役場前でホンダ「ML100」を積む様子(筆者撮影)

だが、永平寺町が豪雪となる年は数十年に1度。また、スロープ仕様では本来のN-BOXの使い勝手を判断することに直接、結びつかず、さらにノンターボのVTEC+CVTが巷で高評価、という観点からNA(自然吸気)エンジンの「G EX ホンダセンシング」を選択した。

ホワイトパールの外装色は、「再販価格がほかのカラーより確実に5万円高い」というディーラーセールスウーマンのひと言が効いた。

次ページあおり運転とは逆の「ドレス効果」
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT