航空機向け炭素繊維、苦節50年の「離陸」


 欧米勢のほかに、三菱航空機の次世代小型旅客機「MRJ」が、小型機では「初めて主翼、尾翼に(炭素繊維との)複合材を本格採用」すると標榜。航空機向けの内装材にとどまらず、構造材への納入実績を作りたい三菱レイヨンは、三菱航空機へ出資。

だが09年9月にMRJの機体仕様を確定した結果、主翼を派生型を作りやすい金属製へと変更した。需要減退の影響もあり、三菱レイヨンは10年3月期の炭素繊維分野が、営業赤字72億円(前期10億円の黒字)の見通しだ。

世界不況の余波に直面するものの、悪材料は出尽くした感がある。

東レは13年後半に月産10機を見込む787に期待を寄せる。帝人もトヨタ自動車が10年末に発売するスポーツカー「レクサスLFA」に加え、カナダ・ボンバルディア社の小型旅客機に採用される可能性がある。さらに三菱レイヨンは、三菱樹脂も擁す三菱ケミカルホールディングス傘下に入る。「世界一でないと勝てない」(鎌原正直・三菱レイヨン社長)と意気込むように、炭素繊維でもシェア拡大を狙っている。逆風下ながら、離陸への展望は開けつつある。
(石井洋平 =週刊東洋経済) 写真提供:ボーイング

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。