川崎20人殺傷から1年、殺人犯と死刑制度の問題

近年の凶悪事件を過去の判決から読み解く

そこに浮かぶ奇妙な違和感。大量殺人犯は犯行を肯定しながら自ら死を選び、1人とはいえ人を殺した人物がいまも一般生活を送る。この2つの事件と裁判を結ぶ違和感の正体を、過去の裁判事例から紐解いてみたい。

千葉県松戸市で、ベトナム国籍の女児が猥褻目的で誘拐、殺害される事件が発生したのは、3年前のことだった。ベトナム人の父親が日本語で「リンちゃん」と娘の名を呼ぶ姿は広く報じられて同情を誘ったことは、印象に残る。

事件は2017年3月24日、松戸市の小学校に通うベトナム国籍の3年生女児(当時9歳)が行方不明となり、翌々日に排水路脇の草むらで絞殺体となって発見された。

同年4月14日に被害児童が通っていた小学校の保護者会の元会長で、通学の見回りボランティアに参加していた渋谷恭正が逮捕。殺人、死体遺棄で起訴されるが、裁判では起訴事実を否認して、無罪を主張していた。検察は死刑を求刑している。

この裁判で特筆すべきことは、判決までに極刑を望む約117万人の署名が集まったことだ。罪質が悪質であることは言うまでもないが、同情としても、それだけの民意が集まることは珍しい。

ところが、18年7月に3人の裁判官と6人の裁判員が下した裁判員裁判の判決は、無期懲役だった。検察、弁護側、双方がこれを不服として控訴。現在も裁判が続いている。

死刑を不服として控訴し、無期懲役になる事例も

実は、2009年に裁判員制度が導入されてから、殺された被害者が1人でも死刑判決が言い渡されたケースが4件ある。それまでの刑事司法では、まずなかったことだ。しかし、それも裁判員制度導入の趣旨でもあった市民感覚が反映されて、厳罰化が進んだものだと理解していた。

このうち3件で死刑を不服として控訴したところ、減刑されて無期懲役に変わり、そのまま確定している。

うち2件は殺人などの前科があったにもかかわらず、減刑された。もう1件は、「リンちゃん」のケースと同じで、2014年に神戸で当時6歳の女の子をアパートに誘い込み、ロープで首を絞めたうえ、包丁で後頭部を刺して殺害。遺体を解体してコンビニ袋に入れて、近くの雑木林に捨てた事件だった。裁判員は死刑判決を下したものの、職業裁判官のみで裁く控訴審で取り消され、無期懲役となっている。

次ページ残る1件は死刑判決になったが…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT