緊急事態解除で「残念な人」にならない為の心得

気づきを生かし自分と周囲を守って生活しよう

客側だけでなく、店側からの悩み相談メールもいくつか届いていますが、その内容は実にシビアなものでした。

「店の経営的には、『苦しいながらも何とか持ちこたえている』という状況ですが、それでも緊急事態宣言が解除されて、どこかの国のように『“リベンジ消費”の客が殺到したらどうしよう……』と店員たちが怖がっています。『ある程度は来てほしいけど、多すぎると怖い』という複雑な心境です。私たちは腹をくくるしかないのでしょうか?」(40代男性)

このようなメールが、ショッピングモールのテナント、アパレルショップ、家電量販店など複数業態のスタッフから届きました。特別定額給付金の10万円もあり、ショッピングを考えている人は多いでしょうが、飲食店と同様に購入者としてのマナーが必要。まだ平時に戻ったわけではない以上、やはり「客だから」という上から目線ではなく、感染対策に加えて「営業再開してくれてありがとう」とスタッフを気遣う優しさが必要ではないでしょうか。

外出できないから友達とも会えないし、買い物にも行けないし、寂しくてやることもなくて、一人でいる悲しさが身に染みました。ずっとやろうと思っていたけど、心のどこかで避けていた婚活を始めたいと思っています。何をどう始めたらいいでしょうか」(20代女性)

実はこの1カ月間で22人もの男女から婚活の相談が届きました。外出自粛の日々が長引くほど、一人でいることの心細さを感じるのは当然であり、東日本大震災の発生後がそうだったように、今回も多くの人々が婚活を始めるきっかけになりそうです。

前述したように、人間関係を見つめ直す人が多い現在は、価値観のすり合わせがしやすく、意気投合につながりやすい婚活の絶好機。特に今回のような緊急時の価値観が一致する相手とは、危機を乗り越えやすい夫婦になれる傾向があります。実際、現在は婚活アプリなどを積極的に活用している人も多く、ポジティブな意味で“コロナ婚”を目指すのもいいのではないでしょうか。

働き方の提案を受け入れやすい時期

もう1つ、みなさんに伝えておきたいのは、ビジネスシーンでの振る舞い。私のもとには、主に働き方に関するいくつかの相談が寄せられました。

「週に1回だけ出社してあとはリモートワークをしていましたが、大きなトラブルなくやれています。それより、混んでいる電車に乗らなくていいし、上司と顔を合わせなくていいし、余計なお金もつかわないし、いいこと尽くめなので、元に戻ったらやっていけるのか不安です」(30代男性)

相談メールの中で最も多かったのは、この男性と同じように「元の働き方に戻りたくない」というもの。出退勤、会議、資料、ツールなど、これまでの慣習で続いていたもので、業務の遂行と収益に支障がないのであれば、この機会が会社側にそれを見直してもらうチャンスです。

次ページ経営者も上司もコロナ禍は初めての経験
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT