これから婚活するあなたに--白河桃子の「誤解された婚活」・婚活ブームを検証する 第4回(全4回)

ジャーナリスト 白河桃子

●「動く動かない」「いつどう動くか」は、あなたの選択次第

 「『婚活』って昔からある言葉だと思っていました。つい最近できた言葉なんですね」

 ある大学の講義で女子大生に言われ、言葉の定着のスピードの速さに驚いた。

 「時が来れば就活するように、結婚したければ、出会いが天から降ってくるのを待っていてもだめなのだ……」

 そうした意識はかなり定着したと思う。「動くか、動かないか」「いつ動くのか」「どう動くのか」を選ぶのもまた自分である。非婚ももちろん選択の範囲だ。

 最終回となる今回は、婚活時代から見る女性たちの働き方の変化と、これからの「婚活」の行方について考えていきたい。

●女性の働き方と、その結婚観の変化

 女性の働き方、結婚、子供を産むか産まないか……望むと望まざるにかかわらず、日本では「結婚」「仕事」「出産」はすべてリンクしていて、切っても切り離せない。婚活時代で見えてきたものは、高度成長期以降の女性たちの働き方の変化だ。

(1)均等法以前の世代:1986年以前

 女性は、企業のお嫁さん候補として、短期の事務職として就労。寿退職(結婚退職)が王道。年功序列、終身雇用で、結婚は"永久就職"。「就職活動=結婚活動」でもあった。

 右肩上がりの経済の中、専業主婦になっても離婚以外のリスクは感じず結婚できた世代。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT