これから婚活するあなたに--白河桃子の「誤解された婚活」・婚活ブームを検証する 第4回(全4回)

ジャーナリスト 白河桃子

●「動く動かない」「いつどう動くか」は、あなたの選択次第

 「『婚活』って昔からある言葉だと思っていました。つい最近できた言葉なんですね」

 ある大学の講義で女子大生に言われ、言葉の定着のスピードの速さに驚いた。

 「時が来れば就活するように、結婚したければ、出会いが天から降ってくるのを待っていてもだめなのだ……」

 そうした意識はかなり定着したと思う。「動くか、動かないか」「いつ動くのか」「どう動くのか」を選ぶのもまた自分である。非婚ももちろん選択の範囲だ。

 最終回となる今回は、婚活時代から見る女性たちの働き方の変化と、これからの「婚活」の行方について考えていきたい。

●女性の働き方と、その結婚観の変化

 女性の働き方、結婚、子供を産むか産まないか……望むと望まざるにかかわらず、日本では「結婚」「仕事」「出産」はすべてリンクしていて、切っても切り離せない。婚活時代で見えてきたものは、高度成長期以降の女性たちの働き方の変化だ。

(1)均等法以前の世代:1986年以前

 女性は、企業のお嫁さん候補として、短期の事務職として就労。寿退職(結婚退職)が王道。年功序列、終身雇用で、結婚は"永久就職"。「就職活動=結婚活動」でもあった。

 右肩上がりの経済の中、専業主婦になっても離婚以外のリスクは感じず結婚できた世代。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。