これから婚活するあなたに--白河桃子の「誤解された婚活」・婚活ブームを検証する 第4回(全4回)

ジャーナリスト 白河桃子

●「動く動かない」「いつどう動くか」は、あなたの選択次第

 「『婚活』って昔からある言葉だと思っていました。つい最近できた言葉なんですね」

 ある大学の講義で女子大生に言われ、言葉の定着のスピードの速さに驚いた。

 「時が来れば就活するように、結婚したければ、出会いが天から降ってくるのを待っていてもだめなのだ……」

 そうした意識はかなり定着したと思う。「動くか、動かないか」「いつ動くのか」「どう動くのか」を選ぶのもまた自分である。非婚ももちろん選択の範囲だ。

 最終回となる今回は、婚活時代から見る女性たちの働き方の変化と、これからの「婚活」の行方について考えていきたい。

●女性の働き方と、その結婚観の変化

 女性の働き方、結婚、子供を産むか産まないか……望むと望まざるにかかわらず、日本では「結婚」「仕事」「出産」はすべてリンクしていて、切っても切り離せない。婚活時代で見えてきたものは、高度成長期以降の女性たちの働き方の変化だ。

(1)均等法以前の世代:1986年以前

 女性は、企業のお嫁さん候補として、短期の事務職として就労。寿退職(結婚退職)が王道。年功序列、終身雇用で、結婚は"永久就職"。「就職活動=結婚活動」でもあった。

 右肩上がりの経済の中、専業主婦になっても離婚以外のリスクは感じず結婚できた世代。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT