4月訪日外国人は99.9%減の2900人、過去最少

1万人を下回るのは初めて、旅行需要急減

 5月20日、日本政府観光局が発表した4月の訪日外国人客数は、前年同月比99.9%減の2900人と、過去最大の減少幅を記録した。客数は単月として過去最少。写真は羽田空港で4月撮影(2020年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 20日 ロイター] - 日本政府観光局が20日に発表した4月の訪日外国人客数は、前年同月比99.9%減の2900人と、過去最大の減少幅を記録した。総数が1万人を下回るのは初めてで、客数は単月として過去最少だった。

新型コロナウイルス感染症の拡大で多くの国で渡航制限措置がとられたことから、全ての国と地域で、訪日客数がほぼゼロに近い数字となった。前年を下回るのは7カ月連続。

中国からの訪日客は同99.9%減の200人。

観光局は「新型コロナウイルス感染症の拡大により世界的に旅行需要が停滞しており、感染症の推移とともに今後の市場動向を注視していく必要がある」としている。

田端浩観光庁長官は会見で、インバウンド産業の従事者に対し、補正予算などを通じて事業継続と雇用維持のための支援に全力を投じる、と述べた。

(宮崎亜巳 グラフ作成:照井裕子 編集:内田慎一)

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショックの大波紋
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。