日本の企業信用トレンドは安定化《ムーディーズの業界分析》


コーポレート・ファイナンス・グループ
SVP−チーム・リーダー 谷本 伸介
アソシエイト・アナリスト 斉藤 円

*本稿は2009年11月2日発行のムーディーズのリポート「アジア太平洋地域の企業信用トレンドは安定化」(7~9月期)からの抜粋です。

日本
 継続的な景気刺激策や、日銀のCP・社債買い入れによる流動性サポート、日本企業の事業構造改革およびコスト削減策を背景に、市場の流動性および投資家の信認は回復し、日本の信用状況は安定化している。

2009年第3四半期、日本の事業会社の格付けトレンドは安定化傾向を示すアジアの状況とおおむね同様であった。ネガティブな格付けアクションは09年第2四半期の12件から8件へと半減した。複数ノッチの格下げやフォールン・エンジェルの例はなかった。国内金融環境の再活性化により、投資適格等級企業は債務のリファイナンスやバランスシートの資本増強のための資金調達が行えるようになった。

[+]画像拡大

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。