日本の企業信用トレンドは安定化《ムーディーズの業界分析》


コーポレート・ファイナンス・グループ
SVP−チーム・リーダー 谷本 伸介
アソシエイト・アナリスト 斉藤 円

*本稿は2009年11月2日発行のムーディーズのリポート「アジア太平洋地域の企業信用トレンドは安定化」(7~9月期)からの抜粋です。

日本
 継続的な景気刺激策や、日銀のCP・社債買い入れによる流動性サポート、日本企業の事業構造改革およびコスト削減策を背景に、市場の流動性および投資家の信認は回復し、日本の信用状況は安定化している。

2009年第3四半期、日本の事業会社の格付けトレンドは安定化傾向を示すアジアの状況とおおむね同様であった。ネガティブな格付けアクションは09年第2四半期の12件から8件へと半減した。複数ノッチの格下げやフォールン・エンジェルの例はなかった。国内金融環境の再活性化により、投資適格等級企業は債務のリファイナンスやバランスシートの資本増強のための資金調達が行えるようになった。

[+]画像拡大

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT