急増する「自宅で白髪染め派」が知るべき事実

「美容院でないと髪が傷む」の正しい捉え方

――同じく化粧品に分類されるカラートリートメント(リンス)と一時着色料は、どんな特徴がありますか。

カラートリートメント(リンス)は髪の表面とやや内側を染めるもので、シャンプー後に使うだけなのでとても手軽です。ただ、一度ではしっかり染まらず、徐々に染めるアイテムです。

この連載の一覧はこちら

弊社の商品でいうと、初めての人は5回ほど連続して使うと白髪が目立たなくなります。その後は週に2~3回の使用で色を維持できます。ヘアカラーの合間に使う人も多いですね。

一時着色料は、顔料を髪の表面に付着させるものです。一時的に隠したい場合に便利で、マスカラ、スプレー、クシ型マーカー、ファンデーションなど複数のタイプがあります。外出前にサッと塗布できてシャンプーで落ちます。ただし、汗や雨などで髪が濡れると色落ちすることがあるので注意が必要です。

市販品でも役立つことがわかった

筆者は自粛を機にヘアマニキュアを使ってみたが、とくに髪や頭皮にダメージなく艶よく染めることができて気分が上がったものの、生え際に塗りムラを発見し、技術不足を実感。

不器用な筆者は美容室メインで白髪対策したほうがよさそうだと思った。しかし「再び厳しい自粛要請が出てもこれでしのげるし、平時で忙しく美容室に行けないときにも役立ちそう」と、市販品への信頼感が生まれた。

ちなみにホーユーの調査によれば、35~39歳の7割、40~44歳の8割に白髪があるそうだ。コロナの収束が読めない中、白髪に悩む方々にとって、この記事が対応策の判断材料になれば幸いだ。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。