1万円超え「鉄フライパン」が今売れまくる理由

自動車部品の老舗の思い切った"大転換"

老舗鋳物メーカーが生んだフライパンの秘密とは?(写真提供:石川鋳造)

新型コロナウイルスの流行で、自粛生活が続く日々。せめて食事は楽しみたいと調理道具に目を向ける人も増えているようだが、「おもいのフライパン」という、国産のフライパンが少し前から売り上げを伸ばしているのはご存じだろうか。2017年12月の発売以降、口コミで人気が広まり、一時は3年待ちになるほど注文が殺到したという。

「おもいのフライパン」(写真提供:石川鋳造)

1月には新サイズの先行予約をクラウドファンディング「マクアケ」で行ったところ、開始から5分で目標金額を達成。最終調達額は2カ月で2000万円を超え(サポーター1000人以上)、フライパン部門史上最高額を記録したという。販売数はシリーズ累計2万枚を突破した。 

同商品は、鋳型に鉄を流し込んで作る鋳鉄フライパン。少し前に「スキレット」という呼び名で流行したタイプのものだ。鋳鉄製は鉄板をプレスして成形したものと比べ炭素量が多いため、蓄熱性や遠赤外線効果に優れ、料理が美味しくなると言われており、今やニトリや100均でも手軽に購入できる。

同商品の価格は20cmタイプが1万円(税抜)、26cmタイプが1万6000円(税抜)と決して安くはない。しかも同程度の価格帯ではすでに人気の競合商品もある中、なぜ注目を浴びているのだろうか。

肉のうまみが変わる?

「世界一お肉が美味しく焼けるフライパン」を目指して作られた。写真はローストビーフ(写真提供:石川鋳造)

まず目をを引くのは、大胆なコンセプト。「世界で1番お肉が美味しく焼ける」と言い切っている。

実際「肉が美味しく焼ける」との口コミは多い。同商品を1年間毎日愛用し、作った料理をインスタグラムにアップしているyuus__12さん(44歳)は興奮ぎみにこう語る。

「肉のうまみが明らかに変わります。日頃よく食べている鶏モモ肉をこれで焼いたら、2人の子どもが『いつもと違う肉?』と聞いてきた。この瞬間、虜になりましたね。ハンバーグもふわっと仕上がり肉汁たっぷり」

製造するのは、鋳物の産地である愛知県碧南市の鋳物メーカー「石川鋳造」。創業80年の老舗で、詳しくは後述するが、これまで自動車部品の製造をメインとしてきた会社だ。

次ページ熱伝導率が高くなる理由
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショックの大波紋
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。