対韓輸出規制から1年、韓国が日本に「最後通牒」

5月末まで規制緩和しなければGSOMIA終了も

韓国政府は日本政府の輸出規制に対して「最後通牒」を発した。写真は2013年8月、韓国・釜山の港の風景(写真:ロイター/Lee Jae-Won)

韓国政府は5月12日、日本政府の輸出規制に関して、問題を解決するための方法と立場を5月末までに明らかにせよと日本側に要求した。具体的な期限を示したことで、韓国政府が日本に対して事実上の「最後通牒」を出したとの見方が広がっている。

日本は2019年7月から、半導体やディスプレイの主要素材となるEUV(極紫外線)用フォトレジストやフルオリンポリイミド、高純度フッ化水素など3品目について、韓国へ輸出する際には個別に許可をとるように規制を強化した。また、ホワイト国(輸出手続き優遇国、グループA)リストから韓国を除外するなど、厳しい輸出規制を現在も維持している。

日本は輸出規制の原状復帰を

韓国・産業通商資源省のイ・ホヒョン貿易政策官は5月12日の記者会見で、「日本政府が輸出規制強化措置を発表してからまもなく1年を迎え、懸案の解決をこれ以上遅らせることはできない。5月末までに3品目とホワイトリストに関する問題を解決する方法について、日本側の具体的な立場を明らかにするよう促した」と述べた。

イ政策官は2019年12月と2020年3月に行われた日韓輸出管理政策対話において、韓国側の首席代表として出席、輸出規制問題について日本と議論をかわした。日本から出席した経済産業省の飯田陽一・貿易管理部長らとそれぞれ10~16時間のマラソン会議となったものの、結論を出すことはできなかった。

韓国大統領府は2020年4月28日の国務会議で、「日本が輸出規制を行う中、日本側の指摘を韓国政府はすべて解消した。輸出規制の原状復帰などの措置を速やかにとるべきだ」と促したが、日本側はこれといった反応を示さなかった。イ政策官は「日本政府が懸案の解決に積極的になるための必要十分条件を韓国側はすべて示した。輸出管理分野での懸案を速やかに結論づけ、より発展的な方向へ日韓両国が進むことを希望する」と述べた。

日本が5月末までに回答しない場合、韓国政府は暫定的に留保しているGSOMIA(軍事情報包括保護協定)終了を再び検討、あるいはこれも留保している世界貿易機関(WTO)の紛争解決手続きを再開する可能性がある。イ政策官は「現在としては予断は許さない。日本側の肯定的な回答を期待している」と述べた。

次ページ韓国政府が最後通牒を送ったわけ
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショックの大波紋
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。