日経平均24円安、「見えない恐怖」が一つ消えた

コロナ第2波警戒、米株先物の軟調推移は重し

12日の東京株式市場で日経平均株価は小幅に3日ぶり反落した。取引時間中を通じて前日終値近辺で一進一退となった。写真は東京証券取引所。2018年10月撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)

[東京 12日 ロイター] - 12日の東京株式市場で日経平均株価は小幅に3日ぶり反落した。取引時間中を通じて前日終値近辺で一進一退となった。新型コロナウイルスの感染第2波への警戒や米株先物の軟調推移などで上値を伸ばしにくかった一方、世界の経済活動再開の動きが心理的な支えとなり、下押しも限定的だった。

韓国でウイルス第2波到来の可能性が出ているほか、ドイツでは1人の感染者が何人に感染を広げるかを示す「再生産数」が上昇。経済再開への期待と警戒の綱引きとなっている。前日の米国株主要3指数が高安まちまちで取引を終え、東京市場も朝方から方向感が出にくかった。

後場、トヨタ自動車<7203.T>が2021年3月期の連結営業利益予想(米国基準)が前年に比べて8割減となる見通しを発表したが、相場全体への影響も限定的だった。市場からは「税引前利益、当期利益は未定ながら、業績予想を出したのはよかった。何も見えないのが怖いのであって、予想をベースに議論ができる」(国内証券)との声が出ていた。

TOPIXも3日ぶり反落。東証33業種では、海運、ゴム製品、空運、不動産などが値下がり率上位に入った。半面、電気・ガス、その他製品、医薬品、情報・通信などディフェンシブ系が値上がりした。

前日の米国株市場でハイテク銘柄が多いナスダック総合指数が上昇したことも支えとなり、アドバンテスト<6857.T>や東京エレクトロン<8035.T>など半導体関連の一角が堅調だった。このほか個別では、三越伊勢丹ホールディングス<3099.T>が大幅反落。11日に21年3月期の業績予想の開示を見送ったことが嫌気された。

東証1部の騰落数は、値上がり840銘柄に対し、値下がりが1244銘柄、変わらずが87銘柄だった。

 

日経平均<.N225>

終値      20366.48-24.18

寄り付き    20413.23

安値/高値   20293.97─20457.37

 

TOPIX<.TOPX>

終値       1476.72 -3.90

寄り付き     1480.47

安値/高値    1474.30─1482.98

 

東証出来高(万株) 124102

東証売買代金(億円) 20871.99

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT