「ハチ食らうカマキリ動画」全米で注目集める訳

アジアのオオスズメバチがついに北米上陸

オオスズメバチがカマキリに生きたまま食べられる動画に、なぜ注目が集まっているのだろうか(画像:YouTube/Praying Mantis vs Murder Hornet) 
アジアに生息するオオスズメバチが北米で初めて確認され、ソーシャルメディア上で不安が高まっている。

アメリカのソーシャルメディアでは今、北米での生息が初めて確認されたオオスズメバチが、生きたままカマキリに食べられる動画が注目されている。

当記事は「ニューズウィーク日本版」(CCCメディアハウス)からの転載記事です。元記事はこちら

ツイッターに「Nature is Metal」が投稿した動画では、まずカマキリがオオスズメバチを背後から狙っている。スズメバチも大きな針で刺そうとして抵抗するが、完全にカマキリに捕らえられてしまう。スズメバチはすぐに抵抗をやめ、カマキリはスズメバチの頭の一部を食べ始める。そして最後にはカマキリがスズメバチの頭を食べ尽くし、その体を抱えている。

オオスズメバチは体長が3~4センチと大型で、攻撃性や毒性が高いことから「殺人」スズメバチとも言われる。日本を含めたインドから東アジアの地域に生息しているが、昨年アメリカ西部のワシントン州とカナダのブリティッシュ・コロンビア州で初めて生息が確認された。日本ではスズメバチに刺される被害で毎年、数十人の死亡者が出ている。

報道で関心が急上昇

今月3日にニューヨーク・タイムズ紙が、北米でのオオスズメバチの生息について報道し、アメリカやカナダで関心と不安が一気に高まった。オオスズメバチはヨーロッパでも生息が確認され、ソーシャルメディア上にはオオスズメバチの攻撃性や弱点を解説するさまざまな動画が投稿されている。

動物や昆虫の動画を集める「Welcome to Nature」が投稿した動画では、オオスズメバチがネズミと格闘している。スズメバチは約1分ほどネズミの背中に取り付き、ネズミはこれをどうしても振り払うことができない。

ネズミは徐々に弱っていく。動画の最後にネズミは諦めた様子で、激しい息遣いとともに地面に横たわってしまう。対決に勝利したスズメバチは、悠然と飛び去っていく。

次ページミツバチの「待ち伏せ攻撃」
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT