日本企業が今も根付くアマゾンの理念に学ぶ事

情報社会の次に来る「Society5.0」へ臨むために

ベゾスは、「このような状況にあっても、まだDAY1でしかない」と、「2019年 株主レター」を締めくくっています。「DAY1」とは、「(創業して)まだ1日目」という意味です。

ベゾスは、講演やインタビューなどさまざまな機会をとらえても、「DAY1」について語っています。「DAY1のバイタリティーを保つ」ことが極めて重要ということです。対照的に「DAY2」も、創業当時の精神を忘れ衰退していく「大企業(病)」を非難する文脈で、やはりベゾスがよく口にする言葉です。「DAY1」は、アマゾンの公式ブログのタイトルにもなっています。

また、ベゾスのデスクがある建物には、必ず「DAY1」という名前が付けられています。それほどまでにベゾスがこだわっている、アマゾンを理解するうえで最も重要なキーワードの1つが「DAY1」なのです。

毎年添付される「1997年 株主レター」

そして「2019年 株主レター」に続いて添付されているのが、「1997年 株主レター」です。毎年公開されるベゾスの株主レターには、必ず、この「1997年 株主レター」が付けられています。23通目となる今回も、例外ではありません。

1997年と言えば、アマゾンがナスダックに上場した年です。また同年には、売上高では前年度比800%以上増という素晴らしい業績もあげています。

『2025年のデジタル資本主義: 「データの時代」から「プライバシーの時代」へ』(NHK出版)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

なぜ、毎年、株主レターに「1997年 株主レター」が添付されるのか。1994年に創業・設立したアマゾンが大きな成長を達成した節目の年であるから、ではありません。それは、ベゾスがそこで「DAY1」を唱えているからです。

上場を果たし成長を達成した状況にあっても、まだ「創業して1日目」にしかすぎない、その創業のバイタリティーを保たなければならない、さもなければ衰退するのみ、ということです。ベゾスは、この「DAY1」の精神を、毎年株主に向けて表明しています。創業時の精神を決して忘れないという決意が込められたものが、添付される「1997年 株主レター」なのです。

アマゾンのような時価総額で世界トップを争う企業、また新型コロナウイルスの感染拡大に対して社会に対して大きな貢献ができるほどの企業であっても、「(創業して)まだ1日目」「常にDAY1」だと言っているのです。こうした「DAY1」の精神は、初心に返るという意味においても、日本や日本企業がデジタル化を進化させ、Society5.0を実現していくうえで、必ず銘記しなければならないものだと言えるでしょう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT