「葬式代を稼いで死のう」15歳の少女が語る心情

カーストが上の子たちからの攻撃に疲れて

不登校中のあおいさんの今の思いとは?(写真:不登校新聞)
中学1年生の冬から不登校中のあおいさん(15歳)にお話をうかがった。「自分で自分を肯定することができない」という、あおいさんの心の遍歴を話していただいた。

 

――あおいさんが不登校を通じて、もっとも苦しかったことはなんですか。

私は不登校になった理由として「これ」という明確なものがないんです。

いじめられていたわけでもないし、親とトラブルになったわけでもありません。ただ、学校へ行くのがつらくなってしまったんです。

だから、不登校状態になっているにもかかわらず、「私には不登校になる資格がない」と思ってしまい、今も自分を認められずに責め続けてしまうこと、これが一番つらいことです。

不登校になったのは、中学生のときです。自宅から遠い私立中学に進学したことで、毎日、満員電車に乗っての通学でした。

私は2次元やアイドルが好きなので、必然的にオタクグループと付き合うことになりました。

小学校では八方美人にふるまって疲れてしまった私にとって、心から好きな話ができるグループは最高でした。同じ趣味の友だちもできました。

ずっとその子たちと楽しくやれていればよかったんですが、そううまくはいきませんでした。

ネチネチと陰口を言われ

――何があったんですか。

上のカーストの子たちからの、ネチネチした攻撃です。「あの子、いい顔してるよね」「がんばっちゃって、イタくない?」などの、陰口やうわさ話をされるようになりました。

学校全体の雰囲気が体育会系で「陽キャ」(明るい子、リア充)が多くて、私とは合わなかったです。

また、私と同じグループにいた仲のよかった子が「〇〇さんがあおいちゃんのこと、あんなふうに言ってたよ」と私に教えてくれるのですが、それがつらかったです。

その子はよかれと思って、私のためにいろいろ教えてくれていたのでしょうが、私は根っからの「嫌われたくない」性格。

そんな情報、聞きたくなかったんですね。こうした陰口やうわさ話といった女子特有の人間関係がイヤになってしまって、学校へ行きたくなくなっていきました。

次ページ部活動、吹奏楽部でも…
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。