「葬式代を稼いで死のう」15歳の少女が語る心情

カーストが上の子たちからの攻撃に疲れて

不登校中のあおいさんの今の思いとは?(写真:不登校新聞)
中学1年生の冬から不登校中のあおいさん(15歳)にお話をうかがった。「自分で自分を肯定することができない」という、あおいさんの心の遍歴を話していただいた。

 

――あおいさんが不登校を通じて、もっとも苦しかったことはなんですか。

私は不登校になった理由として「これ」という明確なものがないんです。

いじめられていたわけでもないし、親とトラブルになったわけでもありません。ただ、学校へ行くのがつらくなってしまったんです。

だから、不登校状態になっているにもかかわらず、「私には不登校になる資格がない」と思ってしまい、今も自分を認められずに責め続けてしまうこと、これが一番つらいことです。

不登校になったのは、中学生のときです。自宅から遠い私立中学に進学したことで、毎日、満員電車に乗っての通学でした。

私は2次元やアイドルが好きなので、必然的にオタクグループと付き合うことになりました。

小学校では八方美人にふるまって疲れてしまった私にとって、心から好きな話ができるグループは最高でした。同じ趣味の友だちもできました。

ずっとその子たちと楽しくやれていればよかったんですが、そううまくはいきませんでした。

ネチネチと陰口を言われ

――何があったんですか。

上のカーストの子たちからの、ネチネチした攻撃です。「あの子、いい顔してるよね」「がんばっちゃって、イタくない?」などの、陰口やうわさ話をされるようになりました。

学校全体の雰囲気が体育会系で「陽キャ」(明るい子、リア充)が多くて、私とは合わなかったです。

また、私と同じグループにいた仲のよかった子が「〇〇さんがあおいちゃんのこと、あんなふうに言ってたよ」と私に教えてくれるのですが、それがつらかったです。

その子はよかれと思って、私のためにいろいろ教えてくれていたのでしょうが、私は根っからの「嫌われたくない」性格。

そんな情報、聞きたくなかったんですね。こうした陰口やうわさ話といった女子特有の人間関係がイヤになってしまって、学校へ行きたくなくなっていきました。

次ページ部活動、吹奏楽部でも…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当は怖い住宅購入
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT