源泉徴収はいったい何が「徴収」されているのか

新社会人に伝えたい、給料から引かれるお金

お金の基本について改めて学んでみませんか?(写真:artswai/PIXTA)
すみません、金利ってなんですか?』の著者で元国税専門官の小林義崇氏が、何年経っても意外と知らない「給料から引かれるお金」の基礎について解説します。

給料をもらうと同時に「住民税」や「所得税」といった税金や社会保険料が引かれますが、その仕組みを正しく理解している人はどれくらいいるでしょうか? 経理から説明があるとしても「初任給をもらうときの1回だけ」となると、その1回で理解するのは意外と難しいもの。

なかでも、「源泉徴収」は、必ず聞くのに意外と意味を知らない代表的な用語ではないでしょうか。

「源泉徴収」とは何か?

源泉徴収という言葉を知らなくても、「徴収」とつくくらいなので何かが取られている、という感覚はあるかもしれません。

これは厳密には「会社などの組織が税務署の代わりに、従業員にかかる税金をあらかじめ毎月引いておく」こと。ここでいう源泉とは「お金が発生するところ」という意味で、つまり「税金が発生するタイミングで引いておきますよ」という意味になります。

次ページなぜ「源泉徴収」されるのか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT