新型コロナの中国湖北省、第1四半期は-39%成長

中心の武漢では中国の自動車の約10%を製造

新型コロナウイルスの発生源となった中国湖北省の統計局は21日、同省の経済が第1・四半期は39.2%のマイナス成長に陥ったと発表した。14日撮影(2020年 ロイター/ALY SONG)

[北京 21日 ロイター] - 新型コロナウイルスの発生源となった中国湖北省の統計局は21日、同省の経済が第1・四半期は39.2%のマイナス成長に陥ったと発表した。

統計局は、新型ウイルスの感染が突然拡大したことで経済と社会活動が前代未聞の影響を受け、第1・四半期は大部分の経済指標が大幅に悪化したとした。

湖北省の製造業生産は第1・四半期に前年同期比45.8%減。自動車や電気機器などを中心に減少した。新型ウイルスは湖北省の武漢市で発生。武漢市では中国で製造される自動車の約10%が製造されている。

中国国家統計局が17日に発表した第1・四半期の国内総生産(GDP)は、前年同期比6.8%減少。四半期の統計でさかのぼれる1992年以降で初のマイナスとなった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 見過ごされる若者の貧困
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT