新型コロナの中国湖北省、第1四半期は-39%成長

中心の武漢では中国の自動車の約10%を製造

新型コロナウイルスの発生源となった中国湖北省の統計局は21日、同省の経済が第1・四半期は39.2%のマイナス成長に陥ったと発表した。14日撮影(2020年 ロイター/ALY SONG)

[北京 21日 ロイター] - 新型コロナウイルスの発生源となった中国湖北省の統計局は21日、同省の経済が第1・四半期は39.2%のマイナス成長に陥ったと発表した。

統計局は、新型ウイルスの感染が突然拡大したことで経済と社会活動が前代未聞の影響を受け、第1・四半期は大部分の経済指標が大幅に悪化したとした。

湖北省の製造業生産は第1・四半期に前年同期比45.8%減。自動車や電気機器などを中心に減少した。新型ウイルスは湖北省の武漢市で発生。武漢市では中国で製造される自動車の約10%が製造されている。

中国国家統計局が17日に発表した第1・四半期の国内総生産(GDP)は、前年同期比6.8%減少。四半期の統計でさかのぼれる1992年以降で初のマイナスとなった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当は怖い住宅購入
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT