英語が通じない人の「声の出し方」が残念な理由

発音がうまくいかず、自信を無くす人は多い

英語が通じないのは「発音」に問題があるから、ではないようで……(画像:YouTube「AERA English記者にDr.Dが発音指導してみた」https://www.youtube.com/watch?v=dbTwxkltPbg&t=2sより)
英語をうまく話せない人は、「声の出し方」に課題がある──YouTubeでこう発信し続ける人がいる。「声を変える」ことなんてできるのか? 発音ディレクター・YouTuberのドクターDのレッスンを、記者が受けてみた。『AERA English 2020 Spring & Summer』(朝日新聞出版)から抜粋して紹介する。

発音が正確でなくても、伝わりやすい声で話す

「大人が英語を学び直すなら、まず発音から始めるべきです」

当記事は、AERA dot.の提供記事です

発音ディレクター・YouTuber のドクターDはそう語る。英語発音専門オンラインスクール「ドクターDイングリッシュ」で年間2000時間のレッスンを9年間続けてきた。約400人いる生徒の多くは海外駐在員など、普段から英語を使う立場の人たち。

「発音がうまくいかずに英語が通じないと自信を喪失している人はたくさんいます。それが理由で話さなくなってしまっては、せっかくのスキルを生かすことができません」

では発音はどのように直せばいいのか。ドクターDは、「英語は発音が正確でなくても、伝わりやすい声で話すことが重要です」と言う。

「英語の特徴は、子音に息がたっぷりからんでいること。そして“重心”を置く単語の母音が長く伸びることです。これは、私たちが普段使っている日本語の声では表現することができません。そのためにまず、英語らしい声の出し方を身に付けましょう」

英語らしい声とは何か。それを確認するため、記者が実際にトレーニングを受けた。レベル測定のため、事前に用意した自己紹介文(画像参照)をあたう限りの英語らしい発音で読み上げると、「棒読みじゃないですか?」とくじかれる。「r」や「th」といった子音の発音の問題というよりも、(1)声が響かないこと、(2)発声に抑揚がないこと、この2点が問題のようだ。

次ページまずはのどを開くレッスン
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。