日産が担う最新「4輪制御技術」は何が違うのか

「e-4ORCE搭載車」に実際に乗って感じたこと

試しに安定した円旋回状態のときに、アクセルペダルを全開にまで踏み込んでみた。一般的にタイヤの摩擦円を超えて旋回維持が難しくなってしまう場面だ。

e-4ORCE搭載車に試乗する筆者(筆者撮影)

その点e-4ORCE搭載車では限界点に達しそうになると、後輪が少しだけ円の外側へと流れる弱いオーバーステア状態へと制御を変更し、ドライバーに限界点が近づいていることを教えてくれる。

よって限界点を察知したドライバーとしては、そこからゆっくりアクセルペダルを緩めれば安定走行へと戻ることができる。こうしたe-4ORCEが制御スタイルは同じく前後ツインモーターの電動車である三菱「アウトランダーPHEV」の4輪駆動力制御システム「S-AWC」に近い。

素早い反応を得意とする電動モーターの強み

今回のテストはe-4ORCEの特徴がとてもわかりやく出るようなコース設定で行った。

よって、実際の交通環境とは違ったシーンでの体感だったのだが、「e-4ORCEによる4輪制御技術は、限界性能を向上させるという目的だけでなく、雨天や降雪など悪条件下で限界点が下がった状況での安心感を高める目的があります」と開発者はe-4ORCEの狙いをあらためて語ってくれた。

確かに、素早い反応を得意とする電動モーターの強みを活かした制御、すなわち「駆動⇔回生」の瞬間的な切り替えは、荷重変動を抑えた運転操作に適しているため日常走行時にも力強い味方になる。e-4ORCE搭載車の試乗を通じて、電動車両の継続進化とエンターテインメント性の強化は、この先の日産に大きな変化をもたらすであろう。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT