こころから感動する会社 泉谷渉著

こころから感動する会社 泉谷渉著

不況に対抗する企業の姿はさまざまである。社員を大切にする、独創的である、長期的な視野に立つ……。「熱き心」を持つ中小企業がどのようにいま奮戦しているか。記者歴32年、およそ5万社を取材・分析してきた著者が、八代市の櫻井精技、小野田市の長州産業、中国・四国の天満屋、秋田のわらび座など9社を中心に、その「夢とロマン」を論評する。

中でも印象的なのが、現オーナー社長が祖父や父から引き継いだ言葉「(相手の)担当者がえらくなるようにしろ」を大切にする櫻井精技。観光と文化のクロスオーバーを実践し、エンターテインメント産業にひた走る劇団・わらび座など。

それらに共通する旗印は、会社の存続と従業員の幸せ、地域への貢献、環境への配慮。口をそろえて、「お客様の感動のために」「お客様の喜ぶ顔が見たい」。こういった健全な中小企業が群生しているなら、日本は安泰だと意を強くさせてくれる。

亜紀書房 1575円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • iPhoneの裏技
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
アマゾンに勝つ経営<br>諦めるのは、まだ早い!

ネット通販の巨人アマゾンが小売業者を次々駆逐している。ただ、活路はある。負けないためのキーワードは「ラストワンマイル」と「サブスクリプション」。ポストアマゾン最右翼の中国企業や、日本のネットスーパーなどの最前線をルポ。