トランプがコロナ抑止へ米国民に求めた"修行"

東京がNYの"二の舞"にならないためには?

今後、理想的な新ワクチンが生まれるまで、何年もの間、看護師や軍のコロナ問題関連部隊など特定の専門家集団だけに、重い負担とリスクを押し付けてはおけない。そういう状況は長続きしないと、トランプ大統領はみているに違いない。 

ニューヨークの二の舞をどう避けるか

トランプ大統領は、一般市民の行動自粛・制限について、手を洗う、顔を触らない、他人とは6フィート(約2メートル)離れる、など誰にもわかりやすい説明をしている。日本でも、手洗い、うがい、マスクなどのほか、「3密」(密閉空間、密集場所、密接場面)に注意すべきと、強く要請されている。

いまのところ、ニューヨークほどの感染拡大にはなっていない。しかし、感染爆発、医療崩壊のリスクは依然として大きい。

実は、アメリカで感染拡大が最も恐れられていたのは、カリフォルニアだった。ところが、クルマ社会のカリフォルニアはこれまでのところ、ウイルス封じ込めに成功している。

東京、大阪など日本の大都市は、ニューヨークと同じように通勤電車が一般的だ。日本では、4月7日に緊急事態宣言が出されてから、山手線などの通勤電車で満員になることは少なくなったが、それでも一部の時間帯の列車はほんの狭くしか窓が開かない車両に通勤客がすし詰めになり、ものすごい感染リスクを背負っている。

ウイルスはくしゃみやせきによって飛散し、電車内で読書する人や、携帯に夢中になっている人の目の粘膜からも感染する可能性がある。窓を全開するか、少なくとも半開できれば、車内の換気はよくなる。同時に、時差出勤をより徹底し、通勤時の満員状態を改善すべきだろう。ニューヨークの二の舞は是が非でも避けなければならない。

日本では、アメリカやヨーロッパのような「握手」や「ハグ」の習慣はない。通勤電車の密閉空間が改善されれば、コロナ感染リスクはかなり抑え込むことができるはずだ。確率的に「期待値は非常に高い」と言えよう。通勤地獄がなくなれば、働く人の気分も明るくなり、日本社会の閉塞感も減っていくだろう。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 病やがんと向き合う心のつくり方
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT