コロナ危機対応でEUの亀裂が一段と深まるワケ

イタリアの債務に懸念もオランダは強硬姿勢

財務相会合で合意した内容は23日のEU首脳会議で承認を目指す。イタリアのコンテ首相は合意直後のテレビ・インタビューで、復興基金の財源としてコロナ債の発行で合意しないかぎり、首脳合意に署名しない可能性を示唆している。

今回合意した使途のみを限定されたESMの融資枠も、イタリア国内では財政監視の対象になるとの警戒が根強い。EUに懐疑的な右派ポピュリスト政党の同盟は、合意に署名したグアルティエリ経済財務相の辞任を要求しているほか、連立政権の一角を占める五つ星運動からも不満の声が浮上している。

こうした政治情勢に鑑みれば、イタリアがESMの融資枠を実際に利用する可能性は低い。利用される可能性が低い安全網は、安全網としての役割を果たさない。

「連帯」は見られず、EUの危機

当面はECB(欧州中央銀行)がイタリア国債の大量購入を続け、債務危機の再燃を無理やり封じ込めることが予想される。だが、コロナ危機対応での「パンデミック緊急資産買い入れプログラム」(PEPP)は、今年いっぱいで終了する。危機終息後も膨れ上がった政府の借金は消えず、来年にはイタリアの債務返済能力の悪化が市場の標的となるだろう。

イタリア国民の間では、コロナ危機対応でEUが自国の助けになっていないとの不満が高まっている。加盟国間の連帯(ソリダリティ)をうたうEUの存在意義が今こそ問われている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT