ECBの怒濤の資産購入は半年で限界にぶつかる

手札を使い切らないよう慎重さが求められる

大規模な資産購入で金利の抑え込みに成功したが(写真: REUTERS/Kai Pfaffenbach)

今週、3月のECB(欧州中央銀行)の資産購入プログラム実績が公表された。今回の月次データでは国別や平均残存年限なども明らかになっている。ECBの資産購入プログラムを整理しておいたほうがよいだろう。資産購入の一般的な目的は金利の抑え込みと円滑な資金供給であるが、今回は特に、コロナ感染拡大による経済への影響が懸念されて域内各国の金利が急上昇したことに、対応している。

8700億ユーロもの巨額枠を準備したが

ECBは現在、①昨年11月に再稼働させた「拡大資産購入プログラム(APP)」の月間200億ユーロをベースとして、②3月12日の政策理事会でこれに付加された1200億ユーロの購入枠と、③3月18日に緊急発表された「パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)」の7500億ユーロという3つの資産購入ツールを持っている。①は月間200億ユーロという義務を負っているのに対し、コロナショック対策で打ち出された②や③はそういった制約はなく、「年内」を時限として自由に使えることになっている。すなわち②と③の合計である8700億ユーロは機動的に打てる状況だ。

なお、補足しておくと、APPとは、国債購入を主体とする公的部門購入プログラム(PSPP)、社債購入を主体とする企業部門購入プログラム(CSPP)、資産担保証券購入プログラム(ABSPP)、カバードボンド購入プログラム(CBPP3、現在は第3弾なので「3」が付く)の4本の総称である。PEPPは内訳が明らかにされず、総額しか明示されていない。

次ページ3月の資産購入は大規模すぎる
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • グローバルアイ
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT