中国「消費者物価」食品中心に4.3%上昇の訳

一方で生産者物価は産業需要低迷で1.5%減

2020年3月の生産者物価指数(PPI)変動率は産業需要の低迷でマイナスに沈んだ(図表作成:財新)

経済活動の緩やかな回復や気温の上昇、生鮮野菜や果物の供給増などの要素により、2020年3月の消費者物価指数(CPI)は前年同月より低い上昇率となった。一方、生産者物価指数(PPI)は原油などコモディティ相場の下落や産業需要の低迷を受け、前年同期比の下落幅がさらに拡大した。

中国国家統計局が4月10日に発表した3月のCPIは前年同月比4.3%上昇。前月の2月と比べると0.9ポイント低下した。食料とエネルギーを除いたコアCPIの上昇率は、前月より0.2ポイント高い1.2%だった。

高騰が続く豚肉は1年前の2倍以上に

消費者物価への影響が大きい生鮮食品は前年同月比18.3%上昇。CPI全体を約3.7%引き上げた。なかでも豚肉は116.4%上昇と、1年前より上昇幅は18.8ポイント下がったものの、依然高騰が続いている(訳注:中国では2018年からのアフリカ豚コレラの流行で養豚業が打撃を受け、豚肉価格が大幅に値上がりした)。野菜や果物は供給増加で下落に転じ、野菜は0.1%、果物は6.1%それぞれ低下した。

本記事は「財新」の提供記事です

非食品の上昇率は0.7%と、前年同月より0.2ポイント下がった。項目別では交通・通信が3.8%、教育・娯楽が2.5%と比較的高い上昇率を示し、医療保健は2.2%と横ばいだった。

3月のPPIは前年同月比1.5%低下し、下落幅を1.1ポイント拡げた。産業資材は2.4%低下して下落幅が1.4ポイント拡大。生活物資は1.2%上がったものの、上昇幅は0.2ポイント縮小した。需給バランスの悪化による原油、鉄鋼、非鉄金属など国際商品相場の低迷が、PPI反転の重しになっている。

(財新記者:張娯)
※原文は4月10日配信

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT