中国「消費者物価」食品中心に4.3%上昇の訳

一方で生産者物価は産業需要低迷で1.5%減

2020年3月の生産者物価指数(PPI)変動率は産業需要の低迷でマイナスに沈んだ(図表作成:財新)

経済活動の緩やかな回復や気温の上昇、生鮮野菜や果物の供給増などの要素により、2020年3月の消費者物価指数(CPI)は前年同月より低い上昇率となった。一方、生産者物価指数(PPI)は原油などコモディティ相場の下落や産業需要の低迷を受け、前年同期比の下落幅がさらに拡大した。

中国国家統計局が4月10日に発表した3月のCPIは前年同月比4.3%上昇。前月の2月と比べると0.9ポイント低下した。食料とエネルギーを除いたコアCPIの上昇率は、前月より0.2ポイント高い1.2%だった。

高騰が続く豚肉は1年前の2倍以上に

消費者物価への影響が大きい生鮮食品は前年同月比18.3%上昇。CPI全体を約3.7%引き上げた。なかでも豚肉は116.4%上昇と、1年前より上昇幅は18.8ポイント下がったものの、依然高騰が続いている(訳注:中国では2018年からのアフリカ豚コレラの流行で養豚業が打撃を受け、豚肉価格が大幅に値上がりした)。野菜や果物は供給増加で下落に転じ、野菜は0.1%、果物は6.1%それぞれ低下した。

本記事は「財新」の提供記事です

非食品の上昇率は0.7%と、前年同月より0.2ポイント下がった。項目別では交通・通信が3.8%、教育・娯楽が2.5%と比較的高い上昇率を示し、医療保健は2.2%と横ばいだった。

3月のPPIは前年同月比1.5%低下し、下落幅を1.1ポイント拡げた。産業資材は2.4%低下して下落幅が1.4ポイント拡大。生活物資は1.2%上がったものの、上昇幅は0.2ポイント縮小した。需給バランスの悪化による原油、鉄鋼、非鉄金属など国際商品相場の低迷が、PPI反転の重しになっている。

(財新記者:張娯)
※原文は4月10日配信

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT