伸び続ける煮込みラーメン、「のびない麺」で鍋の具材に定着


 鍋の「シメ」といえばうどんやおじや、という常識が崩れつつある。永谷園の「煮込みラーメン」は鍋の始めから麺を入れ、ほかの具材と一緒に食べるという鍋料理の新境地を開拓。丸2日かけ常温で乾燥させる独自製法で実現した「のびない麺」の食感が受け、1993年の発売以来、累計2億食を販売した。

「お茶漬け依存」脱却に向け、永谷園がラーメン市場開拓に乗り出したのは90年代はじめ。創業者の故永谷嘉男氏が鍋にラーメンを入れていたことが商品化につながった。

98年にいったん生産終了となったが、根強いファンが多く2003年から秋冬限定で復活。06年には定番のしょうゆとみそに加えて、新たにちゃんこ味を投入。「ラーメンでなく『鍋料理』であることを強調して定着させた」と、マーケティング本部で麺製品を担当する志茂敦史氏は話す。

これで人気に火がつき、販売量は前年比3割増に膨らんだ。翌年以降も新たな風味を加えつつ「野菜をたっぷり食べられる」とうたい、健康志向の面もアピール。販売量は毎年前年を大幅に上回る新たな定番品に育っている。

永谷園の成功を受け、麺最大手の日清食品も今年9月、地域限定で煮込みラーメンを売り出した。節約志向から鍋関連商品は好調が続いており、煮込みラーメン市場も一段と熱々になりそうだ。

(麻田真衣 =週刊東洋経済)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT