マレーシアの先例示す「里帰り」感染拡大リスク

日本の緊急事態宣言でも同じことが起こりうる

そのようななか、政府はいち早く、「今このウイルスは国内全体に蔓延し始めています、家にいてください。里帰りはしないでください。あなたの両親を危険にさらすことになります」とツイッターで発信。ウイルス感染の危険性がいかに身近に差し迫ったものであるかを、SNSを通じて訴えた。

警察署の前に貼られた皮肉たっぷりのポスターも、SNS上で拡散した。

「もしあなたが里帰りしたいのならば、書類を記入する必要はもはやありません。ウイルスを拡散させる旅をどうぞ続けてください。どうぞ安全運転を」

マレーシアの警察署の前には「もしあなたが里帰りしたいのならば、書類を記入する必要はもはやありません。ウイルスを拡散させる旅をどうぞ続けてください」と皮肉を込めて書かれた張り紙も登場した(写真:ツイッターより)

地方に帰省した人々からの感染が相次いで報告

早くから、ウイルスの拡散に対して強い警告を発信し続けていたマレーシア政府だが、実際に都市部から地方へと帰省した人々からの感染は相次いで報告されており、原因不明の感染も徐々に増えている。連日のように会見しているマレーシア保健省のノル・ヒシャム・アブドラ保健局長は、原因不明の感染者が昨日(4月7日)時点で少なくとも69人いることを明かした。

実は、マレーシアと日本の感染者数および死者数は、ここ数日追いつき追い越せの状態でほぼ同じような変化をたどっている。現在、マレーシアでは4月7日時点で感染者数は3963人、死者数は63人、日本では3906人、死者数は80人と、感染者数はほぼ同数。死者数はわずかに日本のほうが上回っている状況だ。国全体の人口比の差もあり、マレーシアでは3月18日にロックダウンに踏み切ったが、現在日本国内でも感染経路不明の患者数は増え続けており、今後、「緊急事態宣言」が発令された東京など7都府県を中心に、どれほど移動の制限などが忠実に実行されるかが重要となってくる。

しかしながら、やむをえず帰省した人々もいる。首都クアラルンプールの寮制の大学に通う女子学生は、事実上のロックダウンの発令を受けて、大学側から授業の休講と帰郷を促すアドバイスをされたという。さまざまな事情から「里帰り」する人々が発生したわけだが、それぞれの個人や大学、企業に判断は委ねられており、一概に帰省者を非難できない現状もあることから、マレーシアでは当初発表された活動制限令をさらに強化していった。

次ページやむをえない事情以外は移動禁止に
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT