「BCG有効説」眉唾だが懸けてみる価値アリの訳

有効性確認急ぐ中、経済学的に別アプローチも

はたして医学的な因果関係は証明できるでしょうか(写真:yukiotoko/PIXTA)

一部のメディアで話題になっているのですが、「新型コロナウイルスによる感染症に対してBCGワクチンが有効ではないか」という仮説があります。2011年に学術論文として発表されたBCG接種に関する世界地図と現在世界で猛威をふるっているコロナウイルスの感染地図が非常に酷似しているというのです。(「The BCG World Atlas: A Database of Global BCG Vaccination Policies and Practices」Reserch Gate)

その状況を詳しく分析したオーストラリア在住の日本人のブログが世界的な注目を集め、この仮説が広まりました。(「If I were North American/West European/Australian, I would take BCG vaccination now against the novel coronavirus pandemic. March 26, 2020」JSatoNotes)

これらの話をまとめてみると、このような傾向が見られるようです。

① BCG接種を義務付けている国の中で、特にワクチンの種類のうち日本株、ソ連株、ブラジル株というタイプのBCGワクチンを接種している国では感染者、死亡者の数が低い傾向がある
②イタリア、フランス、スペイン、アメリカなど爆発的に感染が広まった国々ではBCG接種が行われていなかったり義務付けられていなかったりした(ないしは義務化が終わった)という共通点がある
③ BCG接種が行われている国でもそれが義務付けられる年以前に生まれた高齢者は感染率も死亡率も高い

日本ワクチン学会「科学的に確認されていない」

一方でこの件に関して日本ワクチン学会は「効果は科学的に確認されていない」という見解を発表しています。

この話をわたしたちはどのように受け止めればいいのでしょうか。私は医学の専門家ではありませんから、医学における科学的な効果については論じることができません。一方で、私の専門分野は経済学であり、その経済学では統計学を必要とすることから「コロナBCG有効説」についても統計的な考察の箇所については専門的知識から読み取ることができます。そしてどうやらこの話は医学と経済学それぞれの視点で違う対策が見えてくるようです。

日本ワクチン学会が「コロナBCG有効説」について「科学的に確認されていない」という根拠は、西洋医学が因果関係の研究で成り立っていることに関係すると思われます。「コロナBCG有効説」ではコロナが広がっている国や地域、抑え込まれている国や地域とBCG接種状況に高い相関関係がみられることから「何かの関係があるのではないか?」という仮説が提唱されているのですが、今の状況では決して「BCGワクチンが新型コロナに有効かどうか」の因果関係ははっきりしていません。ですから医学的には「確認されていない」という結論に現時点ではなります。これが医学者の視点であり立場であり、当然と言えるでしょう。

次ページコレラ菌発見の前から感染を抑えた疫学の父
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • iPhoneの裏技
  • コロナショック、企業の針路
  • 最新の週刊東洋経済
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。