"伝説の株職人"が教える「コロナ」市場の戦い方

日経平均20年を徹底検証し、今後を予測

日経平均の暴落事例③ 2015年12月

続いて、2015年12月は、2万円近辺から大暴落が始まり、1万6000円近辺で止まりました(今年3月も同じ価格帯の1万6000円で止まりました)。その後は上がって、2016年2月に再び下落し「二番底」をつけました。再び、上げて→下げて→上げて、下げて……を繰り返しています。

日経225 日足チャート(2015年12月~2016年5月)

赤…5日移動平均線 緑…20日移動平均線 青…60日移動平均線 紫…100日移動平均線

ここまで、過去20年分の暴落時のチャートを検証した中から、直近の代表例を紹介しました。

「暴落はめったにない」と世間では思われていますが、けっこう頻繁にあります。2018年の暴落は2回(暴落事例①②)、2019年も2回(5月と8月)です。

「歴史は繰り返される」といいますが、ここでご紹介した日経平均の動きは、今回の暴落とその後を予測し、備えるための参考になるはずです。

暴落後に上げて、再び下げて(場合によっては「二番底」を打つことも)、上げて、下げて……を繰り返していきます。

暴落後の相場は「短期」で勝負!

そんな暴落後の相場を戦うためのキーワードは「短期」です。いったん上げたからといって、長く保有するのではなく、早めに利益確定をするのが、無難です。

例えば、上昇の起点からローソク足を9本数えて利益確定(=「9の法則」下図参照)。あるいは、9本まで上昇を待つのではく、1本、2本上昇したところで早めに利益確定してもいいでしょう。

9の法則
上昇や下落トレンドは9日でいったん終息し、転換すると考えられる。数え方は陽線でも陰線でも、多少の上下に関係なく9本をカウントして、利益確定するというもの
次ページ株式相場も「明けない夜はない」
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT