"伝説の株職人"が教える「コロナ」市場の戦い方

日経平均20年を徹底検証し、今後を予測

明けない夜はありません。株式相場もそうです。暴落が続いても、いつかは上昇がやってきて、再び、上げ下げを繰り返すようになります。

『37年連戦連勝 伝説の株職人が教える 株の技術大全』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします )

日経平均に限らず、連日の上昇で右肩上がりの銘柄、反対に下落続きで右肩下がりの銘柄があるとします。

読者の皆さんに質問です。

この先も、上がっている銘柄は永遠に続伸すると思いますか? 下がっている銘柄はずっと下がり続けると思いますか?

そんなことはまずないでしょう。続落している銘柄にしても、その会社が倒産でもしない限り、株価がゼロ円などということは通常は考えられません。

高騰すればいつか天井をつけて下落に転じますし、下落はいつか底を打って上昇に転じます。株価は上げ下げを繰り返すのです。

損を損で終わらせず、次に生かせる学びを

もしも、今回の相場の暴落で損をしてしまったという方は、損を損で終わらせず、損からも、次に生かせる何かを学んでください。

例えば、「ここが底値圏だ」と思って買ったら、もっと下がってしまい、いったん切るという行為をしたとします。そんなとき、「損した」と泣くのではなく、「ここが底値じゃないことを学べた!」と考えるのです。失敗の原因を探り、次回に生かすことも重要です。

拙著では、「ストライク」だけを狙う手法を解説しています。野球に例えるとバッターはストライクを見極め、バットを振ります。当たればクリーンヒット、それがど真ん中のストライクならホームランになります。

実は株式投資も同じです。株価の上下が高精度で判断できるポイント、いうなれば「ストライク」を見極めてエントリーすれば、ヒットやホームランが狙えるのです。

ただし、株式初級者は、上げ下げを繰り返す「横ばい」相場では、どこでエントリーしてどこで利益確定をしたらいいのか、わかりづらいかもしれません。

横ばいを抜けて、相場が動くときは必ずやってきます。それまでは「休むも相場なり」と心得て、横ばいが抜けたところで、どう攻めるかという練習をしてみてはいかがでしょうか? 

具体的には、チャートをたくさん見て「ここがエントリーポイントだ」「このサインが出たらストライクだ」と(図を参照)、チャートから株価の動きを予測する練習を積みましょう。

エントリーしやすい「サイン」の例
『37年連戦連勝 伝説の株職人が教える 株の技術大全』より
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT