ロバート・アイガーが退屈な男じゃなかった訳

理想の上司であり理想の部下と呼ばれる所以

2005年から2020年2月までウォルト・ディズニー・カンパニーでCEOを務めたロバート・アイガー会長(写真:Jordan Straus/Invision/AP/アフロ)
ABCテレビの雑用係からウォルト・ディズニー・カンパニーのトップにまで上り詰めたロバート・アイガー会長・前CEO。彼が自ら半生と成功哲学をつづった『ディズニーCEOが実践する10の原則』より、訳者の関美和氏による「あとがき」を抜粋、一部加筆・修正して掲載する。

退任ショック

2020年2月25日、驚きのニュースが飛び込んできた。ウォルト・ディズニー・カンパニーのCEO、ロバート・アイガーがこの日をもってCEOを退くという(2021年12月末まで会長職に留まる)。後任はロバート・チャペック。ディズニーで27年間、映画配給、パーク&リゾート、そしてキャラクターグッズの販売部門を歴任してきたベテランだ。

なぜこのニュースが驚きをもって迎えられたかというと、アイガーの任期が2021年末までと定められていたからだ。もともと予定していた2019年6月の引退を、フォックスニュースの買収と統合を成功させるために2021年の終わりまで延ばしたことは『ディズニーCEOが実践する10の原則』にも書かれている通りだ。

その任期半ばで、しかも新型コロナウイルスの影響で上海と香港のディズニーランドの一時的な閉園が決まったあとということもあり、アイガーのCEO交代のニュースを受けて、ディズニーの株価は大幅に下落した。市場がこのニュースにショックを受けていたことは間違いない。アイガーの交代を伝えるニュースの枕詞に、「この時代の最高のCEOのひとり」「ディズニーをメディア帝国に変えたCEO」「買収の神様」「コンテンツとテクノロジーを結びつけたCEO」というフレーズが使われていたのは印象的だった。

次ページCEO就任から15年で時価総額は約5倍に
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT