デジタル化ランキング上位に意外な「あの県」

経済・人口規模とは異なるデジタル活用能力

デジタル化の度合いを示すDCIを都道府県別に計算したところ、上位には意外な「あの県」が(写真:Graphs/PIXTA)
日本ではスマホの普及率が8割を超え、70歳以上のお年寄りも、ガラケーよりスマホを保有している人のほうが多い。スマホひとつで電話、メール、SNSから情報収集、ショッピングまで何でもできるが、その便利さや楽しさはGDPなどの経済統計には表れてこない。このたび上梓された『デジタル国富論』ではGDPに代わる新たな経済指標を2つ提言しているが、そのうち、デジタル化の度合いを示すDCI(デジタル・ケイパビリティ・インデックス)を都道府県別に計算したところ、意外な姿が浮かび上がった。

4項目で社会のデジタル化度合いを測る

DCI(デジタル・ケイパビリティ・インデックス)は社会のデジタル化がどれだけ進んでいるかを示す指標だ。

『デジタル国富論』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

①ネット利用、②デジタルスキル、③コネクティビティー、④デジタル公共サービスという4つの項目で構成される。

①と②は人々のデジタル機器やサービスの活用能力だ。

③は高速インターネットの普及度やスマホ、タブレットなどの保有率を、④は地方自治体などがどの程度サービスをデジタル化しているかを表す。

③と④はデジタルインフラの整備度合いともいえる。

次ページランキング上位に意外な県
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
  • インフレが日本を救う
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT