デジタル化ランキング上位に意外な「あの県」

経済・人口規模とは異なるデジタル活用能力

4つの構成要素はさらに100以上の指標から構成されていて、野村総合研究所(NRI)独自のアンケート調査から得られたものや、国などが公表している統計データを活用している。

DCI上位に滋賀、熊本、三重

NRIが都道府県別にDCIを推計した結果をランキングにまとめてみた。

DCIは0から100の間の数値をとり、各都道府県の相対評価になっている。この数値が高いほど、そこに住む人々のデジタル活用能力が高く、デジタル環境も整備されていることを意味する。

ランキング上位を見ると、1位東京都、2位滋賀県、3位神奈川県、4位埼玉県、5位京都府がベストファイブだ。

6位熊本県、7位三重県、8位兵庫県、9位静岡県、10位石川県と続く。

上位に東京、神奈川、埼玉などの大都市圏が含まれるものの、滋賀、熊本、三重などもスコアが高く、DCIは必ずしも経済規模や人口規模の順番とは一致していない。

出所:NRI
次ページデジタルスキルが高い県は
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。