デジタル化ランキング上位に意外な「あの県」

経済・人口規模とは異なるデジタル活用能力

NRIはデジタル公共サービスの「市民の利用度合い」もアンケートで聞いているのだが、千葉、東京に次いで滋賀県が3番目に高かった。また「電子化されたお薬手帳、スマホアプリの利用」「個人の健康情報を管理・一覧できるスマホアプリの利用」については、滋賀県が全国でいちばん高かった。

デジタル活用度が高い人ほど生活満足度が高い

欧州委員会は、DESI(デジタル経済社会インデックス)という指標を作り、加盟国がどれだけデジタル化しているかを毎年評価している。

DCI(デジタル・ケイパビリティ・インデックス)はDESIを参考にアレンジしたものだが、名称に「ケイパビリティ」という言葉を入れたのにはわけがある。

ケイパビリティとは、ある目的の達成に必要な能力を意味する。DCIという名称には、デジタル技術が人々の生活防衛手段(例:新型コロナウイルス対策)として活用されるだけでなく、ウェルビーイング(持続的な幸福)を高めるよう使われるべきである、という思いが込められているのだ。

実際、われわれの研究では、デジタルサービスを上手に活用している人ほど生活満足度が高い傾向にあるという結果が出ている。裏返せばそうでない人との格差があるともいえる。

その意味で、DCIスコアを通じて各都道府県の経済的・社会的弱者にスポットライトをあて、デジタル・ケイパビリティを高めることを通じて市民のウェルビーイングの底上げを図ることを意図している。

アマルティア・センが提唱したケイパビリティ・アプローチも、経済的・社会的弱者に着目し、それらの人々にお金や物をただ渡すだけでなく、ケイパビリティの構築支援をすることで「(なりたい自分になる)自由の平等化」を図ろうと考えたものなのだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT