堀潤×宇野常寛「何が私たちを分断しているか」

それは世界中で起き、間違って使われている

:自己破壊?

宇野:自分たちが見えていないものとか、聞こえていないものを聞くことによって、1回自分の世界観とか理解なりを破壊して、それを再構成することでより深い理解にたどり着く。視点を少し変えることによってそれまで気づかなかったことに気づく。その成果を僕らが再編集して発信していくことでしか、人々に何かを伝えるという仕事は成立しないと思っています。

でも、みんないつの間にか現場に行っただけで満足してしまっている。つまり、観光客になってしまっていると本当に思うんですよ。絵葉書と同じ構図でセルフィーを撮ったり、旧所名跡の前でウィキペディアを引くように、あらかじめ見たかったものを見て、確認したところで人は何も変わらない。そこで目に映ってしまったものとか、聞こえてしまったものを引き受けるという態度は、そういうことではない。

:そうですよね。見ないようにしていたり、見たんだけど見なかったことにしてというのが問題になっている。そういう意味では、分断を生む1つの装置の中に当然、マスメディア、メディアの在り様というのは描きたいなと思っていたんですよね。

次ページ結局は割り切れない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT