短大卒女性より四大卒女性の幸福度が低い理由

高学歴・高所得だから幸せとは限らない?

では人の心理・性格は学歴別になぜ異なるのかと問われれば、心理学の素人である筆者は答えられない。明るい人、あるいは他人とうまくやっていける人はなんとなく幸せを感じる程度が強いだろうな、と直感として理解できるのではないかとだけ述べておこう。

第4に、女性においても短大・高専卒のほうが四大卒よりも幸福感の強い理由を考える必要がある。統計では、高学歴の人ほど未婚率が高く、短大・高専卒、あるいは高卒の女性のほうが、大卒の女性よりも幸せな結婚・家庭生活を送っている可能性が高い。

もっと重要なことは、仕事に一生懸命になっている女性(大卒女性に多いと考えてよい)の幸福度はそう高いとはいえないが、短大・高専卒の人は仕事でバリバリ働くよりも家庭での幸せを求めていると考えられ、仕事と家庭をうまくバランスさせているので、幸福度が高くなる可能性が高いと考えられる。

最後に加えておきたいことがある。幸福感の程度は年齢による差が無視できない。一般に高齢になるにつれて幸福感が高まるのである。ここでの標本は年齢によるコントロールをしていないので、短大・高専卒に中年の女性がやや多いことを多少は割り引く必要はあるが、結論までを変える必要はない。

せっかく勉強して大学に入っても

女性間の格差は、単に学歴や所得だけでは計れない。高学歴で高所得であれば幸福度が高いとは限らないのである。筆者が行った研究では、大卒女性よりも短大卒女性のほうが幸福度が少し高く、既婚女性は家庭内で自分の稼ぎが増えると幸福度が下がってしまう。

一生懸命勉強し、働いているのに幸福度が上がらないという女性特有の問題を解決するには、どうすればいいのか。社会全体として取り組んでいくべきだと考える。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT