短大卒女性より四大卒女性の幸福度が低い理由

高学歴・高所得だから幸せとは限らない?

では人の心理・性格は学歴別になぜ異なるのかと問われれば、心理学の素人である筆者は答えられない。明るい人、あるいは他人とうまくやっていける人はなんとなく幸せを感じる程度が強いだろうな、と直感として理解できるのではないかとだけ述べておこう。

第4に、女性においても短大・高専卒のほうが四大卒よりも幸福感の強い理由を考える必要がある。統計では、高学歴の人ほど未婚率が高く、短大・高専卒、あるいは高卒の女性のほうが、大卒の女性よりも幸せな結婚・家庭生活を送っている可能性が高い。

もっと重要なことは、仕事に一生懸命になっている女性(大卒女性に多いと考えてよい)の幸福度はそう高いとはいえないが、短大・高専卒の人は仕事でバリバリ働くよりも家庭での幸せを求めていると考えられ、仕事と家庭をうまくバランスさせているので、幸福度が高くなる可能性が高いと考えられる。

最後に加えておきたいことがある。幸福感の程度は年齢による差が無視できない。一般に高齢になるにつれて幸福感が高まるのである。ここでの標本は年齢によるコントロールをしていないので、短大・高専卒に中年の女性がやや多いことを多少は割り引く必要はあるが、結論までを変える必要はない。

せっかく勉強して大学に入っても

女性間の格差は、単に学歴や所得だけでは計れない。高学歴で高所得であれば幸福度が高いとは限らないのである。筆者が行った研究では、大卒女性よりも短大卒女性のほうが幸福度が少し高く、既婚女性は家庭内で自分の稼ぎが増えると幸福度が下がってしまう。

一生懸命勉強し、働いているのに幸福度が上がらないという女性特有の問題を解決するには、どうすればいいのか。社会全体として取り組んでいくべきだと考える。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。