短大卒女性より四大卒女性の幸福度が低い理由

高学歴・高所得だから幸せとは限らない?

行動経済学の開拓者の1人であるダニエル・カーネマンと共同研究者による研究では、筆者が主張してきた「日本人が働くことによって生活への満足度を感じる程度は減少している」という事実を、別の観点から説明している(Kahneman, et al.〈2004〉)。すなわち、人々が日々の生活から楽しさを感じるのは決して仕事ではなく、余暇、運動、家族や友人との食事や付き合いからである、と結論づけている。

仕事からの満足度が低いのであれば、たとえ質の高い仕事に就いて高い報酬を得ていたとしても、満足度ないし幸福度は高くない可能性があると言い換えられる。

高い教育を受けた人は、一般論として報酬の高い職業に就くことが多いが、そういう人であっても日々の生活満足度は高くないことがありうると想定できる。これまた学歴と幸福の直接的な相関を主張できない証拠となる。

日本人の幸福度と学歴は相関するのか

では、日本の研究はあるのだろうか。前回の記事(「『働く妻』が働けば働くほど不幸になる深刻理由」)の内容は既婚女性で働く人に関する包括的な研究であるが、日本人全体で評価するとどうであろうか。

大竹文雄・白石小百合・筒井義郎編著『日本の幸福度』によると、学歴の高い人ほど幸福度が高いという事実を得ているが、その解釈として高い学歴の人は高い所得を得ていることが直接の原因であるとして、学歴の効果は間接的に影響を与えているにすぎない可能性を示唆した。

筆者は、『「幸せ」の経済学』の中で、男女別と学歴別に幸福度の違いを分析した。また、それぞれの学歴別に、心理特性も分析している。

まずは女性のほうが男性よりも幸福度が高く、その差にはかなりのものがある。

次ページ学歴別に調べると…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT