スバル「全工場停止」コロナ禍の強烈すぎる痛手

世界生産の6割を担う群馬製作所が操業休止

ところが、そのアメリカで新型コロナの猛威が拡大。4月1日時点で16万3000人以上が感染し、すでに2860人が死亡した。感染拡大を食い止めるため、ニューヨークやワシントンといった主要都市では厳しい外出制限が敷かれている。特にこうした東海岸はスバルの地盤だけに販売への影響は甚大で、国内工場の操業停止に直結した。

アメリカでの新車販売台数は8位

スバルにとってのアメリカは、まさに会社の屋台骨を担う最重要マーケットだ。自動車メーカーとしては小規模ながら、得意とするAWD(四輪駆動)技術などを武器にして、東海岸など降雪が多い地域を中心に販売シェアを伸ばしてきた。

旗艦車種のステーションワゴン「レガシィ」などが牽引役となり、アメリカでの新車販売台数は順調に拡大。2011年度の28万台から2016年度には70万台近くに達し、世界販売でも100万台の大台に乗った。ちなみに世界中のライバルが集まるアメリカの市場でスバルは新車販売台数8位(2019年)にランクインしており、現地での人気ぶりがうかがえる。

コロナショックに直面した企業の最新動向を東洋経済記者がリポート。上の画像をクリックすると特集一覧にジャンプします

しかも、台数だけではない。スバルはアメリカで高いブランド力を確立しており、さほど値引きせずとも店頭で売れる。このため、スバルのアメリカ事業は利益率が高く、ほかの日系自動車メーカーがうらやむほどだ。

そのアメリカ事業が直面する非常事態。現地への輸出車も担う群馬製作所の従業員数は直近で約1万人(臨時雇用者を含む)に上り、周辺には多くの下請け企業が集積する。新型コロナによるアメリカの社会的混乱が長引けば、スバルの業績のみならず、国内の雇用にも重大な影響が及ぶ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。