「フィット」と「ヤリス」実際に乗って驚いた違い

同じ小型車でも方向性が大きく変わった理由

ヤリスは、TNGA(Toyota New Global Architecture)のBセグメント向けプラットフォームである「GA-Bプラットフォーム」へ刷新したことで、定量的な数値の比較として走りのレベルが一気に上がっている。とはいえ、走りの進化の表現の仕方は、実にオーソドックスだ。

乗り味はカッシリとしてハンドリングは軽快。コーナーリングでは、実によくクルマが曲がる。これがトヨタの言う「ワクワクドキドキ、走り出したくなる愉しさ」へと直結する。 

ただし、1.5リッターエンジン搭載車の発進加速時に車内で感じる振動と音は、日本人にとってはやや大きい印象がある。これは、世界市場を見渡した際、必要十分なレベルとしてトヨタが捉えているのだと筆者は理解した。走り全体として、ハイブリッド車の総合点は高いのだが、TNGA採用の恩恵をはっきりわかるのは軽量なガソリン車のほうだ。

販売台数はヤリスが一歩リード

運転支援システムについても触れておこう。

フィットは、画像認識技術を先代までの日本電産エレシス(旧ホンダエレシス)から、イスラエルのモービルアイに変更したこともあり、今後ホンダとモービルアイと連携するサプライヤーとの間で、対応する機能の拡大を目指すと予想する。

「ヤリス」は右折時の対向直進車・右左折後の横断歩行者の検知機能を搭載(写真:トヨタ自動車)

対するヤリスは高度駐車支援システムの「アドバンスト・パーク」や、交差点での右左折時の対向車検知機能など、グループ企業のデンソーと連携した製品がてんこ盛りだ。

フィットの初期受注は、2月14日に発売して3月16日時点で3万1000台(月販目標1万台)。タイプ別に見ると、「HOME」が47%で「BASIC」が 19%。ハイブリッド比率は全体で72%だが、HOMEでは48%、BASICでは12%にとどまっている。

ヤリスは、2月10日の発売1カ月後となる3月9日時点で、3万7000台(月販目標7800台)となった。その内訳は上級グレードの「Z」、中級グレードの「G」がともに約30%で、ハイブリッド車の比率は全体の約45%だ。

フィットとヤリスは、デザインや方向性も違えば実際の売れ方も違う。同じコンパクトカーの中で、ユーザーの選択肢が増えたことは、喜ばしいことではなかろうか。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT