高給キーエンス出身の彼が退職し起業する理由

日本屈指の優良企業を離れ、求めた自由とは

現に営業成績が芳しくないときも、本人だけでなく上長も協力しながら、チームで数値を達成しようという意識が浸透しており、上下関係も厳しくなく、フラットに意見しあえる環境だったと振り返ります。

昨今話題の働き方改革の影響か、労働時間にも変化がありました。従来21時45分だった「絶対帰社時間」が、21時半に短縮。また始業時間も、7時過ぎにはほとんどの社員がオフィスにいたのが、本来の始業時間だった8時半あたりに出社するよう指示が出たそうです。

望んだ生活を手に入れたのに、渇きは癒えなかった…

マネーモチベーションを満たす環境を手に入れたことで、生活スタイルも変わりました。主要都市に住む人は、タワーマンションに住み始め、郊外の人は高級車を購入。入社1年目から購入した同僚もいたといいます。

一時期は男性社員の割合が95%と、圧倒的に男性社会だったキーエンス。自然と社外に出会いを求めることとなります。

事実、同僚の多くは、年収というステータスがもたらす出会いの場を、大きなモチベーションにしていました。井上さんにとって、就職活動で求めた高収入で自由な生活は、ほぼ手に入ったと言えるでしょう。しかし、彼の心が満たされることはありませんでした。

「キーエンスに入ったことは、間違いなくいい選択でした。営業の基本を学び、あらゆる仕事で求められるコミュニケーション能力を磨くことができたからです」

井上さんは徹底して分業化された社内で、相手の心を動かす営業スキルを存分に鍛えることができました。一方で、その仕組みが不安にもつながっていました。

「よくも悪くも、キーエンスでは営業スキル『のみ』が磨かれました。テレアポから商談まで、絶対的な対人能力への自信はあるものの、資料作りは販売促進部頼り。販促ツールもグループがお膳立てしてくれます。20代後半で持つべきITスキルなども身につけることができなかったのです」

井上さんにとって、収入は自分の選択肢を広げ自由に生きるための、手段の1つという認識でした。キーエンス社員というだけで、多くの人々からエリートの印象を持たれます。

学生時代、年収1000万、1500万を稼げば、何でも自由になると思っていたのです。しかしお金を稼いでも、自分が思うような「自由」を手に入れた実感はありませんでした。

次ページ一国一城の主として、自分の実力を証明したい
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT