デフレとインフレの経済学 法專充男著

デフレとインフレの経済学 法專充男著

政府、日銀がデフレ入りを「再宣言」した。

グローバル化の進展によって世界的な一物一価が進みやすくなるなかで、「飛びぬけて高い」日本の物価水準が継続的に下落するデフレに陥ったのが1994年度だった。2007年度に脱したはずだったが、リーマンショックを経て、前年度末から再びデフレ入りを余儀なくされている。

デフレは日本経済に深刻な影響を与える。それは、金融仲介システムの機能低下、実質金利の高止まりを通じて民間部門に、税収・歳出・債務の三つの面から政府部門に影響を与え、中でも年金はデフレに弱い。本書は、対策の基本として、物価中立型経済システムの構築を提言する。「世界的低インフレの時代」脱出の鍵はアメリカ、中国にあるとして、詳細な分析も試みる。

資産デフレが「議論の拡散を防ぐ意味もあって」分析対象から外されている点に不満は残るが、デフレの今後を考えるうえで、貴重な材料を提供してくれる。

日本評論社 2625円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT