パナソニックがぶち上げる復活へのシナリオ

2018年度売上高10兆円を達成できるか

家電事業一元化の狙い

――AVC社の家電事業のアプライアンス社への一元化だが、具体的にはどのように融合させるのか。

アプライアンス社はこれまで、ローカルで生活密着型な商品を作ってきた。グローバルなコスト競争力があったかというと十分ではなく、日本の付加価値商品が中心だった。

一方、AVC社はグローバル化を進めてきた。当然エレクトロニクス技術もAVCにはある。つまり、アプライアンス社とAVC社が持っているものは、かなり違う。違うものがうまく融合すれば、新たな強みになると考えている。

販売部門やマーケティング部門も、アプライアンス社とAVC社でこれまで分かれていた。そのため、スピーディな行動がなかなか起こせなかった。AVC社の家電事業がAP社に移管することで、海外での販売やマーケティング部門の一体化が進むことにもなる。

――家電事業を一元化することで、具体的にいつ、どんな商品が出てくるのか。

早いものは2014年度に出てくるし、次の年度になるものもある。今はアプライアンス社とAVC社の家電部門でワーキンググループをつくり、何を変えていくか、さまざまな人の知恵を集めて、家電事業を見直す作業を進めている段階だ。

もう一つ重要なのは人材の交流だ。これまでもアプライアンス社にAVC社のグローバルな人材を送り込むということは、どんどん進めてきた。今後はより一歩、融合したかたちに変えていく。

商品についても、たとえば冷蔵庫が今の冷蔵庫のままでいいのか。掃除機も大きく変貌しているが、当社は出遅れている。それはなぜか。そういうことを考えて、より多くの人的リソースが入り混じってやることで、もっとチャレンジングな家電を出せるような形にしたい。

(撮影:尾形文繁)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT