パナソニックがテレビを白モノ事業に統合へ

4月人事で津賀改革は仕上げの段階に

   2013年10月のCEATECでの津賀社長 (撮影:尾形文繁)
 

パナソニックは2月26日、4月1日からの新しい人事を発表した。2013年1月の就任以来、津賀一宏社長は「企業向け事業(B2B事業)への注力」を宣言し、13年4月には全事業を白モノ家電(アプライアンス社)、AV製品(AVCネットワークス社)、住宅設備(エコソリューションズ社)、自動車・電子部品(オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社)の4カンパニーに整理する構造改革を行ったが、今回、このカンパニー間で「事業のやりとり」が行われる。テレビが白モノ家電のカンパニーに移るのだ。

AVC社はB2Bに特化

発表された人事によると、AVCネットワークス社テレビ事業部長だった楠見雄規氏が役員に昇格し、アプライアンス社上席副社長ホームエンターテインメント・ビューティー・リビング事業担当(兼)ホームエンターテインメント事業部長となる。

この人事は、AVCネットワークス社からテレビ、ビデオ、オーディオ、ビデオカメラ、デジタルカメラといったコンシューマ事業(B2C事業)を切り離し、白モノ家電やビューティ製品と同じ部門に統合することを意味している。B2C事業をアプライアンス社に集中させ、AVCネットワークス社はB2B事業に特化した組織に再編されることになる。

次ページ狙いは"攻勢"
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。