パナソニックがテレビを白モノ事業に統合へ

4月人事で津賀改革は仕上げの段階に

   2013年10月のCEATECでの津賀社長 (撮影:尾形文繁)
 

パナソニックは2月26日、4月1日からの新しい人事を発表した。2013年1月の就任以来、津賀一宏社長は「企業向け事業(B2B事業)への注力」を宣言し、13年4月には全事業を白モノ家電(アプライアンス社)、AV製品(AVCネットワークス社)、住宅設備(エコソリューションズ社)、自動車・電子部品(オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社)の4カンパニーに整理する構造改革を行ったが、今回、このカンパニー間で「事業のやりとり」が行われる。テレビが白モノ家電のカンパニーに移るのだ。

AVC社はB2Bに特化

発表された人事によると、AVCネットワークス社テレビ事業部長だった楠見雄規氏が役員に昇格し、アプライアンス社上席副社長ホームエンターテインメント・ビューティー・リビング事業担当(兼)ホームエンターテインメント事業部長となる。

この人事は、AVCネットワークス社からテレビ、ビデオ、オーディオ、ビデオカメラ、デジタルカメラといったコンシューマ事業(B2C事業)を切り離し、白モノ家電やビューティ製品と同じ部門に統合することを意味している。B2C事業をアプライアンス社に集中させ、AVCネットワークス社はB2B事業に特化した組織に再編されることになる。

次ページ狙いは"攻勢"
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT