ANA、航空機1兆7000億円発注の真意

ボーイングとエアバス、両社から購入する意味を探る

伊東社長(右)は会見で「いい結果が取れた」と語った

今回の発注計画をまとめると、購入金額はカタログ価格で総額1兆7270億円に上る。ANAが同程度の期間に発注する機材計画としては機数、金額ともに過去最大となる。

15年スパンの長期で、かつ金額的にも兆円単位のかなり大きな計画。ANAがこのタイミングでまとめたのは、「長期的な戦略を立てるうえで機材を選定するタイミングと、航空機メーカーが新たな機材を開発していたこと、現在使っている機材が順次退役に入るタイミングが重なった」(伊東社長)からだ。

2社を天秤にかけたANA

今回の機材計画において見逃してはならないポイントは、ANAが主に長距離国際線向けに飛ばしている大型旅客機、B777-300ERの後継機として、B777-9Xを選定したことだ。

B777-9Xはボーイングが開発を進めている次世代機で、2020年にローンチ(航空会社への初納入)が予定されている。ANAはB777-9Xの発注を検討する段階で、エアバスの最新鋭大型機「A350」についても、「当然ながら比較検討した」(伊東社長)。つまり、ANAは2社を天秤にかけたのだ。

このこと自体は珍しいことではない。長距離国際線を飛べるような大型旅客機を造れるのは、世界でもボーイングとエアバスだけ。どんな航空会社の機材選定においても、つねに2社は競合する。

ただし、今回のANAの機材計画は、ある意味で特別な側面があった。関係したのが、ANAにとって最大のライバル、日本航空(JAL)の機材計画だ。

JALは昨年10月、「B777」の後継機種として、エアバスからA350を大量導入すると発表した。2019年から導入を始め、年数を経たB777型機を順次、A350に切り替えていく。これまでJALは中・大型機ともボーイングからのみ調達してきたが、初めてエアバス機の導入に踏み切る。

次ページ恩恵は金銭面だけではない
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT