「女性活躍の先駆者」となった少女のスピーチ力

マララさんの「国連演説」を振り返る

2013年7月12日、国連で演説をするマララ・ユスフザイ(写真:ロイター/アフロ)
女性活躍が目立つ昨今だが、その先駆者的な存在ともいえるのが2014年に史上最年少でノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイだ。受賞の前年に国連で行った彼女の演説は聴く人に勇気を与えた。
英語で聴く世界を変えた感動の名スピーチ』の解説から、マララの演説を振り返る。

母国で教育の普及を呼びかけた少女

マララ・ユスフザイをノーベル平和賞の受賞者に推す動きは、2012年の10月9日に、彼女がタリバンによって狙撃された直後からあった。

女子教育を否定しようとする無法者が跋扈(ばっこ)する、かつては平和だった国パキスタンで、自由な教育の普及を呼びかけたために狙撃され、九死に一生を得た健気な女子学生は、その存在自体が「センセーショナル」であった。

マララが治療を受けるために滞在することになったのが、旧宗主国としてパキスタンと特別な関係にあったイギリスだった。そのイギリスのゴードン・ブラウン元首相が国連の教育特別代表(特使)を当時務めていたことが、マララにとって幸運に働いたのだろう。

ブラウン特別代表や潘基文事務総長ら国連関係者の肝いりで「国連若者総会」が開催されることになり、マララがスピーカーとして招かれた。

彼女のスピーチで有名な一節を引用しよう。

So let us wage a global struggle against illiteracy, poverty and terrorism, let us pick up our books and our pens. They are the most powerful weapons. One child, one teacher, one book and one pen can change the world. Education is the only solution. Education first. Thank you.
(和訳)
文盲・貧困・テロと世界規模で闘っていきましょう。本とペンという最強の武器を手に取っていきましょう。1人の子供、1人の教師、1冊の本、1本のペンで、世界を変えることができます。教育がただ1つの解決策です。教育こそが最優先なのです。ありがとうございました。

16歳の誕生日に当たる2013年7月12日に、マララはベナジル・ブット元パキスタン首相がかつて身に着けていた桜色のショールを身にまとって登壇したのだった。

のちに暗殺されたブット元首相はイスラム世界が生んだ初めての女性首相で、同じく暗殺の標的になったマララは彼女を深く尊敬していた。

マララがタリバンによる暗殺の標的になったのは、彼女がBBC(英国放送協会)の求めに応じてタリバンを批判するブログを書いていたからである。BBCの放送を通じてそのことを知ったタリバンはマララがイスラム原理主義を冒涜していると受け取り、彼女を「処刑する」計画を立てた。このマララに対する暗殺未遂事件では、頭部に2発の銃弾を受け重体になったマララのほかに女子学生2人が負傷した。

次ページ優れたスピーチとマララをめぐる周囲の人々
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • コロナショックの大波紋
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。