【足達英一郎氏・講演】世界経済危機下のCSR(前編)

●世界は、「市場」から「政府」にギアを変えた

 このような経済状況下で、どんな経済システムがいいのかという考え方に、今、大きなパラダイムシフトが起こっているような気がする。
 では、これまでのパラダイムとはどんなものだったのか。1979年にマーガレット・サッチャーがイギリスの首相になり、1981年にアメリカにレーガン政権が誕生する。この70年代終わりから80年代に世界を支配したのが新自由主義とかレッセフェールと言われるもので、経済学で言えば新古典派経済学であった。この新古典派経済学の要素は3つあり、1つが、「市場に信認を置く」というマーケットメカニズムだ。逆に言えば、市場を歪めることはすべて悪だという考え方だとも言える。2つ目は、自由貿易を軸とする「グローバル化の推進」だ。3番目は、「小さい政府」で、政府が経済にできるだけ介入しないで、政府の役割は国防や警察など限定的なほうがいいというものだ。
 この「市場」と「グローバル化」と「小さな政府」というパラダイムが支配的だったのが80年代だろう。

 そして90年代は、この勢いが一気に大きくなっていった時代だった。もちろん、そのような中で企業の暴走、市場の暴走もあったが、人々には一種の割り切りがあった。市場の暴走や企業の不祥事を何とか防ぎたいが、その時代の雰囲気では、市場自体を否定してかかるわけにはいかなかった。もっと言えば、社会主義や共産主義が目指した計画経済には、もはや戻れないという雰囲気があった。そうした中で考え出されたのが、CSR(企業の社会的責任)だったのではないだろうか。
中編に続く、全3回)

[当講演は2009年5月14日に開催されました]
足達英一郎(あだち・えいいちろう)
株式会社日本総合研究所 ESGリサーチセンター長。
1986年一橋大学経済学部卒業。環境問題対策を中心とした企業社会責任の視点からの産業調査、企業評価を担当。金融機関に対し社会的責任投資のための企業情報を提供。
主な共著書に『図解 企業のための環境問題』(1999年、東洋経済新報社)、『SRI 社会的責任投資入門』(2003年、日本経済新聞社)、『CSR経営とSRI』(2004年、金融財政事情研究会)、『地球温暖化で伸びるビジネス』(2007年、東洋経済新報社)等。
社団法人経済同友会「市場の進化と21世紀の企業」研究会ワーキング・グループメンバー(2002年度)。ISO/SR規格化作業部会日本エクスパート(~2008年度)。
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT