世界経済危機で経営者が犯しやすい10の過ち

コトラーが教える「乱気流」時のマネジメント

『ビジネスウィーク』誌がまとめたリストも見ておこう。景気低迷期や乱気流期に対処しようとして、企業が犯す重大な過ちトップ10である。

《景気の乱気流期に企業が犯す、新たな取り組みに関する過ちトップ10》
①有能な人材を解雇する
②技術費を削減する
③リスク覚悟で思い切ったことをしない
④製品開発をやめる
⑤トップを成長志向型からコストダウン志向型の人物に代えてしまう
⑥グローバル化路線から撤退する
⑦重要戦略である新たな取り組みをトップが撤回してしまう
⑧業績指標を変更する
⑨協調路線よりも序列関係を強化する
⑩安全な場所に逃げ込む

予算が苦しいとき、企業がより保守的になるのはもっともなことだ。しかし、リスク覚悟でやってみようとしない、製品開発に投資しない、協調路線の必要性を見誤る、こうした企業は、景気が上向きになったときに太刀打ちできなくなってしまう。

カオスには、いまがどんな状況であろうと、そこに機会を見出す企業に有利に働く傾向がある。それが本質的に、いい意味での自然淘汰というカオスそのもののプロセスといっていいだろう。そこでは企業の勝ち負けがはっきりと決まってくる。今日トップにいる企業が明日にはトップではなくなっているかもしれないし、その逆もありうるのだ。

厳しいときにこそチャンスがある

先のリストを見れば、新しい取り組みを続ける力があることこそが、競争力を維持し、ライバルに差をつけるために残された数少ない手段であることに気づくはずだ。新たな取り組みいかんで、業績・成長・株価が変わるのだ。

景気が厳しいときに研究開発や新製品開発に投資している企業は、引き続き収益を上げることになる。上げるどころか、景気が最も厳しい時期に決まって現れて、なにか斬新なものを武器にライバルをほぼ間違いなく打ち負かす、勝ち企業となるはずだ。

次ページ逆境を奇貨としたアップル、ジレット、インテル
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT