寿命はどこまで延ばせるか? 池田清彦著

寿命はどこまで延ばせるか? 池田清彦著

本書は、生物学者である著者が寿命や老化の仕組みをわかりやすく解説したもの。

細胞の分裂限界などが遺伝的に決まっているとするならば、だいたい120歳あたりが人間の寿命の限界だという。ならば、最大寿命の限界まで生きたいと願うのが人間のサガである。つまり、老化を遅らせればいいわけだが、そのためのさまざまな仮説が掲載されている。

最も興味深いのは、仮に人類の寿命が100歳以上などになったときの社会構造をシミュレーションした部分。会社では課長昇進まで40年、部長なら50年。何十年も年金をもらい続ける人たちが続出し、国家は破綻し……。長寿社会ははたして幸せなのかと考えさせられる。

PHPサイエンス・ワールド新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 若手社員のための「社会人入門」
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。