寿命はどこまで延ばせるか? 池田清彦著

寿命はどこまで延ばせるか? 池田清彦著

本書は、生物学者である著者が寿命や老化の仕組みをわかりやすく解説したもの。

細胞の分裂限界などが遺伝的に決まっているとするならば、だいたい120歳あたりが人間の寿命の限界だという。ならば、最大寿命の限界まで生きたいと願うのが人間のサガである。つまり、老化を遅らせればいいわけだが、そのためのさまざまな仮説が掲載されている。

最も興味深いのは、仮に人類の寿命が100歳以上などになったときの社会構造をシミュレーションした部分。会社では課長昇進まで40年、部長なら50年。何十年も年金をもらい続ける人たちが続出し、国家は破綻し……。長寿社会ははたして幸せなのかと考えさせられる。

PHPサイエンス・ワールド新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT