グローバル化経済の転換点 中井浩之著

グローバル化経済の転換点 中井浩之著

世界的な金融・経済危機を受けて、グローバル化の進展の中で、とりわけアジアや日本の経済がどう変化していくか、「アリとキリギリス」のイソップ寓話を経済の共存関係になぞらえ、読み解く。

アリは中国、日本など輸出主導で経済成長を維持してきた国・地域、キリギリスは米国など内需主導で経済成長を維持してきた国。キリギリスはアリの生産物に依存しすぎた過剰消費で貯蓄不足であり、アリは過剰貯蓄で、ともに均衡を欠いた。この結果、その「アリとキリギリスの宴」は資産価格バブルの破綻をきっかけに崩れる。

東アジアの「アリ諸国」は輸出・内需両にらみの政策へ舵を切りつつあるが、いずれも前途に課題は多いと説く。

中公新書 882円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT