貧困の救いかた スティーヴン・M・ボードイン著/伊藤茂訳

貧困の救いかた スティーヴン・M・ボードイン著/伊藤茂訳

資本主義の対抗モデルとしての「社会主義」の消滅、米国発の世界的経済危機による新自由主義の退潮で、30年ほど前に全盛だった福祉国家モデルが見直されている。米国の医療保険改革を含めた各国でのセーフティネットの拡充も、その動きを後押ししそうだ。

貧困について言えば、その原因を個人の力では制御しえない経済や社会の働きに求め、それを社会全体の問題として克服していく方向だが、実は貧困の歴史は「個人の価値を物質的な所有と結び付ける」ところから始まると、本書は説く。

貧困の原因を個人のみに帰すべきか社会のみに帰すべきか、といった両極端に振れるのではなく、その克服に家族とコミュニティの役割が大きな意味を持つことを、グローバリゼーションの拡大のプロセスを経て、現代に至る世界各地の動向の中で本書は示す。

貧困は、所得という尺度が明らかにするより、はるかに文化的、社会的に複雑なものと教える。

青土社 2520円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT