貧困の救いかた スティーヴン・M・ボードイン著/伊藤茂訳

貧困の救いかた スティーヴン・M・ボードイン著/伊藤茂訳

資本主義の対抗モデルとしての「社会主義」の消滅、米国発の世界的経済危機による新自由主義の退潮で、30年ほど前に全盛だった福祉国家モデルが見直されている。米国の医療保険改革を含めた各国でのセーフティネットの拡充も、その動きを後押ししそうだ。

貧困について言えば、その原因を個人の力では制御しえない経済や社会の働きに求め、それを社会全体の問題として克服していく方向だが、実は貧困の歴史は「個人の価値を物質的な所有と結び付ける」ところから始まると、本書は説く。

貧困の原因を個人のみに帰すべきか社会のみに帰すべきか、といった両極端に振れるのではなく、その克服に家族とコミュニティの役割が大きな意味を持つことを、グローバリゼーションの拡大のプロセスを経て、現代に至る世界各地の動向の中で本書は示す。

貧困は、所得という尺度が明らかにするより、はるかに文化的、社会的に複雑なものと教える。

青土社 2520円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。