イノベーター理論でみるファッショントレンド

マジョリティがトレンドを受け入れられないワケ

アーリーマジョリティとレイトマジョリティへの対策

一口でマジョリティと言っても、アーリーマジョリティとレイトマジョリティでは、基本的な傾向と対策が変わります。この2つを比較すると、アーリーマジョリティのほうがまだ少しトレンドに敏感ですから、アーリーマジョリティ向けには少しトレンド感を残して、価格を適切にすることが重要です。一方、レイトマジョリティのほうは、トレンドにはそこまで反応しませんので、デザインはよりベーシックでわかりやすくする必要があります。かつ、価格にとてもシビアですから、そのあたりを十分に考慮する必要があります。

さて、ここまではモノの視点で、マジョリティに向けたマーケットの浸透に伴うトレンドの変化をみてきました。では、メディアのトレンドの伝え方はどうでしょうか。

雑誌を例に考えてみますと、こちらも媒体のポジショニングによってさまざまです。ポジショニングがより左(クリエイティブ)に位置するモード誌などは、ファッション言語能力の高い読者をターゲットにしますから、コレクション素材をそのまま使い、上級者向けの切り口で展開します。反対に、そこまでファッションに強くない媒体では、ファッションの全体像を伝えるのではなく、シーズンテーマ(例えば、ロマンティック、マスキュリン、スポーティーなどのキーワード)の一部分やカラーなど、トレンドのエッセンスをテイストにあわせて切り取って咀嚼し、ビジュアルで読者にわかりやすく説明します。ですから、ページの中に凝ったデザインの服は減り、自然とベーシックなものが増えていきます。

加えて、トレンドはそこにあるキャズム(溝)を越えられずに、一部の人の間だけで流行り、その後、自然消滅していくというパターンもみられます。

さて、今回は、ファッショントレンドがどのようにマーケットの中で浸透していくのか、またそこになぜキャズムがあり、その原因が何なのかについてお話しました。次回は、このキャズムに眠っていた潜在的ニーズを掘り当てて成功した、ファストファッションとの関連性についてお話します。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衝撃!住めない街<br>自然災害・人口減を甘く見るな

東京・江東5区や川崎など、首都近郊でひっそりと「住めないエリア」が広がっています。近年の大規模災害で補修が追いつかないところに、人口減少、インフラ老朽化などが重なり、苦悩する街。その現実と、日本人の「住まい方」を考えます。

  • 新刊
  • ランキング